『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『苦しむこともまた才能の一つである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ドストエフスキーはこうも言った。

 

つまり、『苦しむ=偉大な人の特権』という図式がこれで浮上したことになる。何しろ、他の『鈍感な人たち』が気づかないようなことに気づき、それについて憂い、嘆き、苦しんでいるのだ。だとしたら吉行淳之介の言うように、

 

ということで、鈍感な人と一線を画す、『敏感』な人である証拠なのである。

 

チャーチルは言った。

 

つまり、傷つき、苦しみ、そして誰かを、何かを敵視するということは、それだけ世界に目を配り、気づき、そして『人間規模の視野』を手に入れた証拠なのである。自分規模の視野しかない人間は、自分とその周りにいる家族だけが笑っていればいいのだから、他に目を向けなければ、傷つくことなどないだろう。

 

良いんだ。才能なんだ。

 

ということはつまり、そういう人にしか出来ない、やるべき責務がある。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧