『三島由紀夫の言葉』を自分のものにしよう!

三島由紀夫(平岡 公威)とは(画像

日本作家。三島由紀夫は1925年1月14日に生まれ、1970年11月25日に割腹自殺を遂げた日本の作家、そして思想家です。作家としては日本の戦後文学を代表する作家のひとりとして挙げられるほどで、代表作としては仮面の告白、潮騒、金閣寺、鏡子の家、憂国、豊饒の海などがあります。作家として下積み時代に川端康成を訪ねたという記録が残っています。その際に小説中世と、煙草の原稿を渡しています。作家としは川端康成の庇護を受け、着々と力をつけていきました。

 

鎌倉文庫の幹部でもあった川端康成の力で作家として作品を発表した経緯もあり、生涯に渡って師弟関係になっています。この時期は太平洋戦争前後でもあり、敗戦後に川端康成が発した私はこれからもう、日本の悲しみ、日本の美しさしか歌ふまい、という言葉に深く感銘を受けたと言われていて、その後の思想家としての活動の根幹も川端康成が大きく関わっています。

 

三島由紀夫の晩年は政治的な思想家であり、その活動の一端として自衛隊に体験入隊もしています。その後民兵組織の楯の会を結成するなど、一作家の活動の範疇を超えていきました。その活動が一気に人目に晒されたのが自衛隊市ヶ谷駐屯地の襲撃です。楯の会の構成員4名と共に東部方面総監を監禁し、部屋の前のバルコニーで自衛隊員に向かってクーデターを促す演説を行い、割腹自殺を遂げました。この事件をきっかけにして新右翼が誕生するなど、日本国内の政治運動に色濃く影響を残した人物です。名言に、「右翼とは、思想ではなくて、純粋に心情の問題である」というものがあります。真の憂国者としての生き様を貫いた人物でもあります。

メニュー

内省記事一覧