名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『孤独に悩んでいる?まず、孤独と孤高の違いを知ることだ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『孤独』な人は、100人中1人、真理から外れた行動を取った人である。

 

これはわかりやすいはずだ。なんせ、『1人』というキーワードが出た。それは短絡的に子供が考えても、『だって1人の方が孤独って言うんでしょ』ということになるからである。では次の例ではどうだろうか。

 

『孤独』な人は、100人中99人、真理から外れた行動を取った人である。

 

つまり、1人だけが真理に従って行動した。普通、子供の発想では『だって1人の方が孤独って言うんだから、これは違うよ』 となってしまう。しかし正解を選んだ彼は『孤独』になるだろうか。それとも、『孤高』になるだろうか。

 

では次に、エマーソンの言葉を見てみよう。

『偉大であるということは誤解されるということだ。』

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood....

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

 

自分の私利私欲のことばかり考えている人間とは、いくら付き合っても時間の無駄である。彼らは『孤独』を恐れている。人と違う選択肢を選び、人と足並みが揃わないことに恐怖を抱いている。

 

そういう人は意見がコロコロ変わる。的外れな批判をして、時にはこちらを異常者扱いしてくることもある。かと思えば、ちょっと風向きが変わってきたと思えば、コロッと意見を変えて寝返る。そうしないと自分の立場が危うくなるからだ。

 

人間は往々にして、そういう生き物だ。だからそれについて、憂う必要はない。だが、かくも虚ろなそれら人の心に、何かを求めるのは間違いだ。定めておくべきなのは唯一、『真理』のみである。

 

『真理』に重きを置いている人は、ゲーテが言ったこのような事実を知っている。


『人々は理解できぬことを低く見積もる。』

 

だから、自分の意見がより大勢の人々の賛同を得られなくても動じることはない。大勢の人から誤解され、その人たちと足並みが揃わずとも、彼らは自分が『孤立』していないことをよく理解している。

 

つまるところ、『孤高な人』とは、自分の私利私欲に支配されない人だ。自分の私利私欲に支配される人は『孤独になりたくない』という思いに執着し、結果的に孤独な人間となる。

 

しかし孤高な人とは、自分の私利私欲に執着し、虚像に依存して安堵するような安易な真似をすると、自分の心が虚無に陥ることを知っている。なぜならそれは、真理に逆らう行動だからだ。

 

真理から逸れれば逸れるほど、虚無に近づく。

 

『この10円で、高級レストランで食事ができるよ!』と嘘をつき、周囲の人を強引に納得させ、興味を引きつけたのはいいが、自分の心底にはある種の虚しさが残ってしまう。

 

その虚しさの正体こそが、孤独の原因なのだ。孤独な人間の側にはいつも、真理がないのである。

 

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

参照:長部経典『六方礼経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『孤独に悩んでいる?まず、孤独と孤高の違いを知ることだ。』

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

偉人の名前や名言を検索

 

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『まさか、「社交辞令」で人の道の真上を歩いたつもりでいるわけではあるまい。』

 

『口先だけの人間を、まさか友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『”友”に該当しない人間を決める16の態度とは。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP