『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『理不尽に支配されるな。逆に、支配するのだ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

私もたくさん、理不尽な目に遭ってきた。おそらく人よりも多く、その体験をしただろうし、そして、これからもするだろう。最初は、『なぜ理不尽があるのか』と、その現実を受け止められなかった。だが、そうやって理不尽があるたびに深く傷つき、悩み、葛藤し、耐え忍び、失い、後悔を積み重ねていくと、知らぬ間にそれについての免疫ができて、対処法を見出せるようになっていた。

 

そもそも理不尽を受け入れられなかった理由は、『理不尽に屈したくなかった』からである。自分の葛藤の根底に、そういう心情があるということが浮き彫りになってきたとき、自分が知らぬ間に、『理不尽に屈していた』ことを、思い知ったのだ。

 

そう。理不尽について一日中悩まされ、葛藤し、傷ついていた私は、理不尽に支配されていたのだ。『理不尽に屈しない』ということは、『理不尽に感情を支配されない』ということだったのだ。

 

裏切られ、盗まれ、嵌められて、騙され、揶揄され、誤解されて、それでも尚、そのとき湧いて出る『負の感情』に自分を支配されなければ、それは、『理不尽を支配した』ことになるのだ。

 

孔子は言った。

『虐待されようと、強奪されようと、忘れてしまえばどうということはない。』

 

キリストは言った。

『あなたの敵を愛しなさい。』

 

難しい?たしかにそうだ。だが、これが出来れば、『成功者』だ。この世の多くの人々は、『成功者』の定義をはき違えている。理不尽をなくすことはできない。諸行無常を変えることはできない。なくす必要はないのだ。変える必要もないのだ。自分本位になり、人間本位になり、合わせる焦点を間違えてはならない。金に、”力”に、理不尽に、そして人生に屈してはならない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経3。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧