『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『みんな、自分が可愛いのだ。それは人間だけではない。そのことについて考えよ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

正直、自分の心の心底では、常に自分を何よりも優先させる心が働いている。そういうものなのだ。それは、人間だけではない。それについて憂う必要はない。

 

『『中国古典』の教え』の『史記』について書かれた一文にはこうある。

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

 

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。本は続けてこう言う。

『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば、人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

ついついその薄情で表裏的な他者の言動について、憂いて悩んでしまう、繊細な人もいるだろう。私など、そういう人間の代表のようなものだ。とても繊細で、傷つきやすい。しかし、ブッダや古典の言う様に、『初めからそれが生命の実体なのだ』と考えていれば、それについて嫌な気持ちになることは減少するのだ。

 

赤子や幼い子供が、自分で食事を取ったり、用を足したり、会話をすることが出来るだろうか。我々は初めから彼らに、それを要求しない。だから、それについて腹を立てることはないはずだ。もし腹を立てている人がいるなら、それは『親』の心構えをする前に、子を作ってしまった人間だ。『親』とは、子に対し、育児と教育をする覚悟を持った人間を呼ぶ名称である。

 

『敵視』するのでも、『見下す』のでもない。『やれやれ』という考え方で、どこかどっしりと腹を据えて対応するのが、子に対しても、全ての生命に対しても求められる、人の心の在り方なのである。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
小部経典『自説』。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧