『後悔したくない方』はこちら

毛深い人はハゲになるって本当?薄毛と体毛の関係性は?

毛深い人はハゲになるって本当?薄毛と体毛の関係性は?

テストステロンには『体毛の発育を促す』効果がありますので、毛深い人はテストステロンの量が多いと言えます。

しかし、それだけでは薄毛になると決まったわけではありません。AGAはテストステロンの量で決まらないからです。

先生

テストステロンの量だけではAGAになるかどうかは決まらないから、体毛が多くてもテストステロンの量が多いだけってことだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

生理不順や出産後(分娩後)と抜け毛は関係ある?ホルモンバランスが崩れる女性の宿命髪のパサつきがあるなら薄毛に注意?皮脂、コラーゲン、抗酸化物質で薄毛の対策を!『抜け毛』と『切れ毛』の違いと、その見分け方とは?両方の原因となるのは何?M字型脱毛(生え際の後退、前髪が少なくなって前頭部が脱毛するタイプの脱毛)の原因と対処法眉毛の部分植毛・増毛ってどうなの?注意点は?

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. ワキガ・体臭
  3. 睡眠・不眠症
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

体毛が多い、毛深い人は薄毛になる?

体毛が多い、毛深い人が薄毛になるということはありません。しかし、『そうなる要素を持っている』ということは言えるかもしれません。下記の記事は『性欲と薄毛』のことについて書きましたが、

 

性欲が強いとハゲる?男性ホルモン(テストステロン)が若ハゲと薄毛を加速させる?

 

その記事にも書いたように、『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

毛にまつわる迷信『脂性の男』『毛深い男』は薄毛になる?

 

男性のホルモンのテストステロンには皮脂腺を増やす作用があり、これが増えると分泌される皮脂量も多くなります。男性型脱毛症=AGAは思春期以降に増加したテストステロンの作用により起こります。つまり男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素とレセプターの存在によって『軟毛化』の原因を作っているのです。皮脂が多いから毛の成長がじゃまされているわけではないのです。

 

頭皮の皮脂があまり多いと脱毛症状を起こすこともありますが、これはAGAとは別の症状です。テストステロンには体毛やひげなどの『毛を生やす』作用もありますが、皮脂が多いというだけで薄毛になるということではないのです。AGAが発症するかしないかを決めるのは、テストステロンの『量』ではありません。テストステロンの量が多くても発症しない場合もあるのです。

 

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。

 

従って、『テストステロンの量が多い=ジヒドロテストステロンができやすい』と考えがちですが、量自体が強く影響しているわけではありません。

 

先生

テストステロンの量が多いと体毛が多くなったり、髭が濃くなったりするけど、それだけじゃAGAになるとは決まったわけじゃないんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

テストステロンの働き

テストステロンのはたらきとして挙げられるのは、

 

  • 男性特有の筋肉質な体のラインにする
  • 性欲を高める
  • 皮脂の分泌を促す
  • 体毛の発育を促す

 

ということで、これを考えると、 『毛深い=テストステロンの量が多い』ということになりますから、『=薄毛になる』と解釈してしまいがちだということですが、実際のところは違うんですね。テストステロンの量は、直接薄毛には関係しないからです。それならば、毛深いということだけでは、薄毛の原因とは言えないわけですね。

 

 

テストステロンが体毛の発育を促す。だからテストステロンが多い人は体毛が多く毛深い傾向にある。ここまでは事実です。しかし、AGAは血中のテストステロンの量ではなく、毛乳頭にあるテストステロンをジヒドロテストステロンに変える還元酵素とレセプターの存在によって決まります。『テストステロンの量が多く毛深い』というだけでは薄毛になるとは限らないのです。

 

先生

ジヒドロテストステロンとレセプターだから、その条件が整わないとAGAにはならないんだ!レセプター(受容体)は、必ずしもテストステロンの量とは関係しないよ!
ふむ!

ハニワくん

FAGA(女性男性型脱毛症)

ここで、女性のAGA、FAGA(女性男性型脱毛症)について考えてみましょう。下記の記事に書いたように、

 

女性の薄毛は『頭頂部、髪の分け目、おでこ』に注意?FAGAやびまん性脱毛症(休止期脱毛症)とは何か

 

FAGAの場合もAGAと原因は同じで、ジヒドロテストステロンが原因で脱毛が促進されます。女性の血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われていますが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症します。

 

しかし、女性は男性よりも圧倒的にAGAになる確率は低いのです。それは普通に考えると、『女性の血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1だから』ということで納得してしまいますが、実はそうではないということですね。

 

 

ジヒドロテストステロンに対して感受性が強い(男性型脱毛症になる)体質と、感受性がない(男性型脱毛症にならない)体質が遺伝的に決まっている事実からもわかるように、FAGAになるかどうかは、毛乳頭にあるテストステロンをジヒドロテストステロンに変える還元酵素とレセプターの存在によって決まるのです。テストステロンの量が多いか、少ないかではないということなんですね。

 

したがって、

 

  • 毛深い=テストステロンの量が多い=薄毛になる

 

という図式は成り立ちません。

 

『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

つまり薄毛になるのは男性ホルモンの量ではないのです。確かに男性ホルモン量が多ければDHTに変換される確率も高くなると想像できなくもありませんが、重要なのはDHTに結びつくまでの工程でDHTが生産されやすいかどうかで、薄毛のスイッチがはいるかどうかが決まります。男性ホルモンは体毛の支配はしているが、頭髪には影響しませんので、性欲と毛髪の量は関係ありません。

 

そういうことなんですね。

 

先生

女性の場合、AGAの頭に『Female』をつけてFAGAというんだ!『F層』ていうけど、それは女性のことだね!
Female!

ハニワくん

ひげや体毛が濃い=ジヒドロテストステロンの量が多い

しかし、『毛深い=テストステロンの量が多い』という事実と同時に、『ひげや体毛が濃い=ジヒドロテストステロンの量が多い』という事実が存在しています。つまり、『毛が多い』のではなく、『毛が濃い』人は薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの量が多い可能性があり、それは薄毛になる可能性を秘めていると言っていいかもしれません。

 

  • 『毛が濃い=ジヒドロテストステロンの量が多い=薄毛になる』

 

ですね。この図式は成り立ってしまいます。

 

もちろん、毛が濃い理由はジヒドロテストステロンだけではなく、遺伝等の他の理由もありますから一概には言えません。しかし、もし血中にジヒドロテストステロンの量が多いことが原因で毛が濃いのであれば、薄毛になることを疑った方がいいかもしれません。

 

 

特に、『元々薄かったけど濃くなった』という人は要注意です。それは、元々体内にジヒドロテストステロンは存在していなかったけど、AGA(男性型脱毛症)が発症したことによってジヒドロテストステロンが発生し、毛が濃くなってしまった、という可能性があるからですね。

 

先生

毛が多い人はまだしも、毛が濃い人は要注意なんだね!多いか、濃いかってことだよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

 

体毛が多い、毛深い人は薄毛になる?

体毛が多い= 身体を鍛えるのが大好き

少し違った角度からこの問題を考えると、先ほどテストステロンのはたらきとして、

 

  • 男性特有の筋肉質な体のラインにする
  • 性欲を高める
  • 皮脂の分泌を促す
  • 体毛の発育を促す

 

という要素を挙げましたが、テストステロンの量が多いと、これらがすべて引き上がるわけです。つまり、

 

  • 筋肉質になる
  • 性欲が強い
  • 皮脂量が多い
  • 体毛が多い

 

ということに『なりがち』だということです。しかも『セット』です。どれか一つということもあるでしょうが、セットで引き上がるという可能性も十分あるわけです。ということは、

 

  • 体毛が多い= 身体を鍛えるのが大好き

 

という図式が成り立つ可能性があります。なぜかというと、『性欲が強い』という人は、とても強いエネルギーを持っているからです。人間の『リビドー(性的なエネルギー、生の本能のエネルギー)』というのは、とてつもない力を持っています。週刊誌も、表紙を飾るグラビアアイドルが誰かによって売り上げが変わりますし、テレビ等でもエロの要素を入れれば視聴率を上げることができます。

 

北野武は、

 

と言いましたが、人間のリビドーを巧みに利用すると、大きなエネルギーを集めることができます。例えばあの『AKB48』も、最初は秋葉原の小さな劇場で、『いつでも会えるアイドル』として売り出されました。そこでは堂々と『パンチラ』が行われていて、オタクファンのリビドーを煽るような演出をしていました。

 

『ポケット図解 ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本』にはこうあります。

ボーリングピン戦略とは何か

 

最初に攻略したニッチ市場は、ボーリングにたとえると、レーン上にある1番ピンに他なりません。これを倒したら、さらに2番ピン、3番ピンを次々と倒すことを目指すべきです。すなわち、あるニッチ市場を攻略出来たら、続いて類似するニッチ市場、またはホールプロダクトをそのまま活用できる異なる種類のにっちし場を攻略せよ、ということです。そして、攻略の手を広げていきます。これが、ムーアの言うボーリングピン戦略です。

 

  • 1番ピン:小劇場
  • 2番ピン:中劇場
  • 3番ピン:大劇場

 

という具合に、人々のリビドーをうまく使ってエネルギーを捻出し、ボーリングピン戦略を使って確実にエネルギーを増幅させていった典型的な例です。

 

STEP.1
1番ピン
小劇場
STEP.2
2番ピン
中劇場
STEP.3
3番ピン
大劇場

 

先生

エネルギーの話だね!これは非常に重要な話で、本当に理解したら、大金持ちになることも可能だよ!
うーむ、深い!

ハニワくん

偉大な成功を収めた人は、強い性欲の持ち主

また、ナポレオン・ヒルは、著書『成功哲学』でこう言っています。

性衝動を他の創造的なエネルギーに転換する方法を知っている人は幸せです。ナポレオン・ヒル博士は、成功者の研究によって、次のことを明記しています。

 

1.偉大な成功を収めた人は、強い性欲の持ち主であった。なおかつ、その性衝動をうまく転換する技術を自らの経験で学んだ人でもある。

2.莫大な財産を築いた人や文学、産業、芸術、あるいは専門分野で名を成した人々は、何らかの形で女性の影響を受けた人々である。

 

つまり、テストステロンの量が多いがゆえに、『体毛が多い= 身体を鍛えるのが大好き』という図式が成り立つ可能性があります。エネルギーが強い人は運動をするのがすきですからね。しかもテストステロンのおかげで、人一倍筋肉質な体のラインにすることができるのであれば、やりがいもあります。すると、下記の記事に書いたように、

 

『プロテイン・たんぱく質・アミノ酸・生卵』の摂取はハゲる原因?それとも育毛対策?

 

『筋肉増強剤』等の人為的なテストステロンの増加を狙った行動をとる人も現れるかもしれません。テストステロンの量自体は薄毛には関係ないのですが、このような強引な方法で男性ホルモンを操作すると何が起こるかは予測できませんので、そのあたりには注意が必要ですね。また、エネルギーに満ち溢れているということで、食事面の方向でも懸念が出てきますね。肉食の弊害については下記の記事に書きましたが、

 

女性の薄毛は深刻?若い女性で『ハゲジョ』が急増中なのはダイエットが原因か!?肉とスイーツに潜むリスク!

 

いくらパワーフードだからといって、ファーストフードやジャンクフード、肉や魚を見境なく食べるということは、下記の記事の観点から見ても髪の毛によくありません。

 

『育毛に効果がある食べ物、薄毛が進行する食べ物』を徹底調査!『断食』という選択肢にも注目!

 

  • 体毛が多い=テストステロンの量が多い=性欲旺盛でエネルギッシュ=暴食気味

 

という図式は成り立ちやすいですので、注意が必要ですね。

 

STEP.1
体毛が多い
 
STEP.2
テストステロンの量が多い
 
STEP.3
性欲旺盛でエネルギッシュ
 
STEP.4
暴食気味
 
STEP.5
皮脂腺が大きくなり頭皮に栄養が回らない
 
STEP.6
薄毛になる

 

先生

性欲でもなんでも、欲望をうまくコントロールできる人は成功して、できない人は失敗する。このような事実があることは確かだね!
勉強になったっす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 体毛が多い、毛深い人が薄毛になるということはない。
  2. テストステロンの量が多くても発症しない場合もある。
  3. AGAは血中のテストステロンの量ではなく、毛乳頭にあるテストステロンをジヒドロテストステロンに変える還元酵素とレセプターの存在によって決まる。
  4. 女性のAGAはFAGA(女性男性型脱毛症)という。
  5. 男性ホルモンは体毛の支配はしているが、頭髪には影響しない。
  6. 女性は男性よりも圧倒的にAGAになる確率は低い。
  7. ひげや体毛が濃い=ジヒドロテストステロンの量が多い。
  8. 『毛が濃い』人は薄毛になる可能性を秘めている。
  9. 体毛が多い= 身体を鍛えるのが大好き。偉大な成功を収めた人は、強い性欲の持ち主であった。
  10. 体毛が多い=テストステロンの量が多い=性欲旺盛でエネルギッシュ=暴食気味=薄毛になりがち。

関連記事とSNS

他の関連記事を探す

AGA(男性型脱毛症)のセルフチェックで薄毛状況を確認おでこが広い…何㎝だと将来ハゲる?薄毛の偉人たちと300兆分の1の奇跡先進国は薄毛が多い印象があるけど本当にハゲやすい傾向にあるの?髪のパサつきがあるなら薄毛に注意?皮脂、コラーゲン、抗酸化物質で薄毛の対策を!抜け毛対策と予防!でも、ヘアサイクルがあるから髪の毛は抜けて当たり前!

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する