名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

北野武 名言/格言

北野武

 

北野武とは(画像

日本芸人通称『世界のキタノ』。明石家さんまタモリと並んでお笑い界のビッグ3と言われている。北野武は日本のコメディアン、また映画監督でもあり俳優としても活動している人物です。生まれは1947年1月18日です。日本国内ではコメディアンとしてのイメージが先行していますが、国外では映画監督としての北野武の名前が有名です。1980年代に興った漫才ブームの中で、痛烈な社会風刺を込めた題材で話題と人気を集め、日本のコメディの中心ともいえるタレントとして長く位置しています。1990年代からはテレビ出演は司会業に専念し、映画監督としての活動をスタートさせています。

 

芸名としてビートたけしという名義があり、特定とテレビ番組と映画監督としては北野武、コメディ番組などに出演する際はビートたけしと、名義を使い分けていることが特徴的です。そのため、後輩芸人やその他の芸能人からは番組中も主にたけしさんと呼ばれています。本人曰く、アカデミックな場所では北野武またはマス北野として、芸人として出る時はビートたけしで使い分けているとのことです。

 

プライベートではタレントの所ジョージと非常に仲が良いとされていて、毎週日曜日には所ジョージの遊び場兼事務所でもある世田谷ベースに遊びに行くことが広く知られています。近年では映画監督業を重視し、優先している傾向があり、オレは映画をつくる金を稼ぐためにテレビでぬいぐるみを着てるんだ、コメディアンとしてのオレを海外の人に見せるな!監督としてのオレのイメージが落ちる!という言葉は一種の名言として受け止められています。

 

 

BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

黄金律

BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

 

スポンサーリンク

 

北野武の言葉

 

 

『やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

世界のクロサワこと、黒澤明は、作中で読まれることのない、封筒の中の手紙までスタッフに作り込ませた。そこまで細部にこだわりぬき、その道を極めんとした黒澤明は、しかし、こう言うのだ。

>>続きを見る

 

『自分が生きているという快感がないまま、生きたって記憶も何もないまま、この世から消えることが怖かったのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『死ぬのが怖くて、どうにもならない時期があった。高校生から大学生にかけての時期は、毎日のように死について考え、死ぬことに怯えながら生きていた。

>>続きを見る

 

『どうせ死ぬんだから、ということ。人間は生まれて、ご飯食べて、う●こして、子ども作って、死ぬ。どれだけ考えたり、動けるか。社会的に迷惑をかけずに、スレスレで生きることを、無限に考えた方がいい。』

 

カテゴリー:人生/生死

2014年10月25日たった今、映画祭で発言した言葉だ。ニュースで出ていた。 先ほどこの言葉と向き合ったばかりだ。

>>続きを見る

 

『理系の学部に入ったことは、間違いではなかった。ただ、そこを卒業して、その先に敷かれているレールに乗って走っていく未来に、魅力を感じられなかった。』

 

カテゴリー:人生/生死

『映画監督という、昔は思ってもみなかった仕事をするようになっても、やっぱり俺は理科系だなと思う瞬間がある。シナリオを書いていて、因数分解みたいな作業を無意識のうちにやっている自分に気づくのだ。

>>続きを見る

 

『何億度という熱で燃えている。しかも、燃え尽きるまで、そうやって輝いていなくちゃいけない。これは真面目に、結構辛いことなのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『物体は激しく動けば、それだけ摩擦が大きくなる。人間だって、激しく動くと熱を持つのだ。はたから見れば、輝いている人間のことが、きっと羨ましく見えるのだろう。だけど、輝いている本人は熱くてたまらない。

>>続きを見る

 

『とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『芸人をやって、映画監督をして。ビートたけしをして、北野武でもいるといういまの人生は、本当に疲れる。弱音を吐くわけじゃないけれど、なにもこんなことをしなくても、人生の快感を得ることは、できたんじゃないかと思う。

>>続きを見る

 

『実際には、個人が社会の中に埋没して、個人の命が社会という巨大な機械に組み込まれた部品のひとつになってしまった。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

実際には、個人が社会の中に埋没して、個人の命が社会という巨大な機械に組み込まれた部品のひとつになってしまった。しかも、その部品の代わりはいくらでもある。だからこそ逆に、個人主義とか言い出したんじゃないだろうか。

>>続きを見る

 

『なんでも自由にやっていいんだよと言われた途端に、自分が何をしたらいいかわからなくなってしまった。』

 

カテゴリー:人生/生死

だから、誰でもいいからリーダーを探してくっついていこうとしたり、なんとしてでも友達の輪の中に入れてもらおうとする。

>>続きを見る

 

『自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに。』

 

カテゴリー:人生/生死

天国や地獄が本当にあるのかも、神様がいるのかいないのかも、誰も証明したことがないわけだ。そういう曖昧な状態なのに、生きる意味を探せなんてことを言われたら誰だって迷うに決まっている。』

>>続きを見る

 

『人間のやることは不思議で、不条理なのだ。俺だって、アフリカで何万人もの人が飢え死にしているっていうのに、映画なんか撮っている。』

 

カテゴリー:人生/生死

震災の時に寄付した額にも、違和感があった。極めて第一線にいる北野武ほどの人物が、所ジョージと合わせても、海外のタレントよりもその寄付額が少なかったのだ。もちろん、一般の人からすれば桁違いの額だが、それでも、相対的に見て(少ないな)と思ってしまいがちな額だった。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP