名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

マルクス『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』

マルクス


プロイセン王国哲学者 マルクス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


しかし、『それが最期の言葉』なのであれば、それで十分目的は達成したのである。 『・・・。』だったらわかるが、

『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』

 

と言ったのだから、それは十分最期の言葉なのである。これがこうして遺っているのだから。

 

いや、今のは少し穿った見方だ。私も常々、人生の黄昏時に後悔するのは、『負ってきたリスク』ではなく、

 

避けてきたリスク、掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖、

 

であると言ってきているので、マルクスの言葉は心に突き刺さる。

 

スティーブ・ジョブズはこう言い、

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

 

自分が今日取っている行動は、人生の黄昏時に振り返って悔いを残さないか。毎日毎日、その日を迎えるその日まで、言い聞かせたって足りないくらいだ。

 

物事を穏便に済ませ、当たり障りなく、同調、追従し、意志を殺し、生き長らえる人生を、私は送るつもりはもうずいぶん前から、ない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

マルクス『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

マルクス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』

 

『人間の意識が人間の存在を決めるのではなく、反対に、人間の社会的存在が人間の意識を決めるのである。』

 

『汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。』

 

『教育もまた、教育を必要としないだろうか?』

 

『役に立つ物が増え過ぎると、役に立たない者が増え過ぎる。』

 

『宗教とは、民衆の阿片である。』

 

『戦いか、死か。血まみれの戦いか、無か。問題は厳として、こう提起されている。』

 

『悪い面こそ歴史をつくる運動を生みだすのである。』

 

『豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。』

 

『学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわないものだけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがあるのです。』

 

『理論も、大衆を捉えるや否や物理的権力となる。』

 

『思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない。』

 

『宗教は抑圧された生物の嘆息である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP