名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

岡本太郎『他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。』

岡本太郎


日本芸術家 岡本太郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。

 

プライドがあれば、他人の前で自分をよく見せようという必要はないのに、他人の前に出ると、自分をよく見せようと思ってしまうのは、その人間にコンプレックスがあるからだ。』

 

 

人からどう見られるか、何と言われるかを気にする。するとそこにいるのは、『絶対的な自分』ではなく、『相対的な自分』だ。八方美人だからである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    岡本太郎の言葉を自分のものにする



    相対的で何が悪いかと言うと、私だったら、生きている意味を見失う。

     

    例えば一気に話を深くするが、私の家庭は、クリスチャンだった。そして、クリスチャンでなければ、家庭の一員として認められない雰囲気を創り上げられていた。

     

     

    しかし私は幼少の頃からずっと考えていた。

     

    (なぜ、仏教、イスラム教、ヒンズー教、道教、神道等、こうも宗教が複数ある中、キリスト教を選ばなければならないのか?)

     

    私はそれを、『この家に生まれたから』という理由で決めることが、あまりにも安易で、かつ、相対的過ぎると考えていた。

     

    相対的、つまり、私がイスラム教徒の圏内で生まれていたらイスラム教徒になっていて、仏教徒の家庭で生まれていたら、仏教徒になっていた。

     

    こういう発想は、私には無かった。『同じ人間』ではないのだろうか。そうでなくても、生まれた国や、肌の色が違うのだ。これ以上、なぜ人との間に一線を引かなければならないのか。人間は『世界平和』に向けて生きているんじゃないのか。

     

    そうすることで、どんどんそれから、遠ざかるんじゃないのか。私が考えていたのは、そういうことだった。

     

    絶対的な自分を隠蔽し、相対的な人生を生きることは、『同調』であり『追従』である。『プライド(意志)』がある人間が取る行動は、相対的な行動ではない。

     

    しかし、絶対的な自分を貫いたら貫いたで、また違う絶対的な誰かの思想と、ぶつかることは避けられない。

     

    エレノア・ルーズベルト元大統領夫人は言った。

    『自分が正しいと思うことをすればよろしい。しても悪く言われ、 しなくても悪く言われる。 どちらにせよ批判を免れることはできない。』

     

    では、『人とぶつかる思想』も正当化されるだろうか。アメリカの詩人、ディキンソンは言った。
    『平和の宗教を持つ人間にとって、その最高の価値は愛である。戦争の宗教を持つ人間にとって、その最高の価値は闘争である。』 

     

    その様な好戦的な思想も『絶対的人格』として認められるだろうか。

     

    一つだけ言えることは、我々が生きているのは『人生』だということ。そしてそれは、二度三度あるものではない。自分以外の命も等しく、平等だ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    岡本太郎『他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    岡本太郎関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

     

    『僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。』

     

    『手なれたものには飛躍がない。常に猛烈なシロウトとして、危険をおかし、直感に賭けてこそ、ひらめきが生まれるのだ。』

     

    『決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。』

     

    『いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』

     

    『安易な生き方をしたいと思ってしまったときは、そんな自分を敵だと思って闘うんだ。結果が悪くても、自分は筋を貫いたんだと思えば、これほど爽やかなことはない。』

     

    『ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。』

     

    『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

     

    『持って生まれた性格は、たとえ不便でも、かけがえのないその人のアイデンティティなんだから、内向性なら自分は内向性なんだと、平気でいればいい。』

     

    『友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。』

     

    『自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。』

     

    『生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。』

     

    『我が人生、他と比較して自分を決めるなどというような卑しいことはやらない。ただ自分の信じていること、正しいと思うことに、脇目もふらず突き進むだけだ。』

     

    『僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP