『ヒト』を最適化しよう。

エレノア・ルーズベルト『自分が正しいと思うことをすればよろしい。しても悪く言われ、 しなくても悪く言われる。 どちらにせよ批判を免れることはできない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの夫人である彼女。私が最初にこの言葉に出会ったのは、今から13年前。『ルーズベルト』という名前がつく人間が大勢いるので混乱し、短絡的に、この人物が大統領だと思っていた。そんな18歳の時だった。そんな時だから、まだ『人の目を気にする』、『人から何といわれるかを気にする』ような、そういう『見栄』に自分の心を支配されてしまっていて、そもそもその感情が『見栄』だということすら、理解していなかった。そして『見栄』が格好悪いということを知らなった。つまり、何も理解していなかったのだから、もしかしたら良いことかもしれないその見栄を、無意識に張り続けていたのである。

 

『人から何を言われるか』を気にする人は、厳しく言えば臆病者で偽善者だが、同じくらい、温和で、友好的な性格であることは間違いない。争いが嫌いなのだ。平和を好み、皆が平安に暮らせればいいと思っている。だが、だから腫れ物に触らないのだ。それなら『負』に毒されないで済む。そういうことから目を逸らしてはならない。それが決定的な事実なのだから。

 

毒

 

(自分は平和主義だから、平和を乱す奴は嫌いだ。自業自得だ。平和を愛した者が勝つんだ。)

 

などというそれっぽい詭弁でもって自らを正当化し、今日も明日も腫れ物に触らない。『触らぬ神に祟りなし』だからだ。だが、エレノア・ルーズベルトの言葉を考えてみたとき、何だか自分がちっぽけだったことに気が付くのだ。

 

(毒されたくない。)

(祟られたくない。)

(染まりたくない。)

(呪われたくない。)

 

言い返しをされたくない、争いたくない、恥をかきたくない、批判されたくない。なぜなら、自分が可愛いから。相手の人生より、自分が何より、可愛いから。そんな自分を傷つける全ての存在は、敵だから。だから、今日も明日も、『腫れ物』を批判し、自己防衛という名のバリアを張る。そういう自分のちっぽけな考え方を、戒められるのだ。私は自分のことしか考えていなかったと、気づかされるのだ。

 

吉行淳之介は言った。

 

腫れ物に触れなくたって、別にあなたは最初から綺麗な存在ではないのだ。そもそも、腫れ物を見て見ぬフリをして自分だけ生きのびて、何が楽しいのだろうか。それで何か、人間として立派な境地にでも立ったつもりなのだろうか。そう、戒められるのだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

エレノア・ルーズベルトの名言・格言一覧