名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニュートン『プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。』

ニュートン


イングランド哲学者 ニュートン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ニュートンによる「万有引力の法則の発見」を“重力の発見”だと解釈してしまう例があるが、これは間違った解釈である。

 

「リンゴが木から落ちるのを見て、ニュートンは万有引力を発見した」などとする、単純化された、巷に流布している逸話も、この誤解を広める原因になっている可能性がある。

 

ニュートンは「リンゴに働く重力」を発見したわけではない。「リンゴに対して働いている力が、月や惑星に対しても働いているのではないか」と着想したのである。

wikipedia

 

つまりニュートンが発見したのは、『重力の発見』ではなく『万有引力の発見』だということだ。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ニュートンの言葉を自分のものにする



    ちなみにそれまでは、アリストテレスの考え方が根付いていた。

    『石を手に取って離す。すると地面に落ちる。地面は土や石で出来ているから、そこに戻る。つまり、本来ある場所に戻ろうとするのだ。』

     

    という考えだ。

     

    人間も家を出るが、また必ず家に戻る。動物も巣に戻る。それと同じだ。そういう発想が根付いていたのである。

     

    しかしニュートンが『万有引力の法則』を発見した。コペルニクスガリレオ等と言った賢者たちの考え方を参考にし、そして導き出した『真理』なのである。

     

    さて、ニュートンはアリストテレスとプラトンが友だというが、もちろん同じ時代を生きていたわけではない。生きた時代が2000年ぐらい違う。

     

    しかし彼の言うことはわかる。私もソクラテスは、友だからだ。真理を探究し、そこから目を逸らさない人間は皆、稀代の絆で結ばれた盟友なのである。

     

    だがソクラテスは言う。

    『子供をも、生命をも、その他のものをも、真理以上に重視するようなことをするな。』

     

    これがこの言葉のすべてを物語っているだろう。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    22.『本当の友人とは。

    真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

     

     

     

     

    ニュートン『プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ニュートン関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。』

     

    『どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。』

     

    『今日なしうるだけの事に全力を尽くせ。しからば明日は、一段の進歩あらん。』

     

    『もし私が他人よりも鮮明に物事が見えたとすれば、それは、私が巨人の肩の上に立っているからだ。』

     

    『我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。』

     

    『若いときは、他の人の仕事をするのを決して嫌がらないことだ。そして歳をとれば、自分よりもよくできる人の仕事には決して手を出さないことだ。』

     

    『自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP