『ヒト』を最適化しよう。

ニュートン『自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

それはどうだろうか。だとしたらなぜその様にして見せる人々で、この世は埋め尽くされているのだろうか。見栄、虚勢、謙虚、演技、出て、魅せて、隠して、耐えて、考えても考えても、別にニュートンのこの言葉が、あまり真理の言葉に聞こえない。

 

例えば、まず真っ先に頭に浮かぶのは、『レッドクリフ(赤壁の戦い)』における、ある一コマだ。天才軍師、周瑜と、同じく天才軍師、諸葛亮孔明は、圧倒的な群を率いる敵対国、『魏(ぎ)』の国に対抗するために、知恵を絞って突破口を切り開いた。周瑜は、『メタの世界』を操り、偽の情報を掴ませ、敵をかく乱させた。諸葛亮孔明は『草船借箭の計(そうせんしゃくせんのけい)』によって、相手の矢を実に5万本盗んだ。これは間違いなく、二人の軍師が虚像を演出して、功を得た瞬間だった。

 

つまり、考えられることがあるとしたら、この日本語訳が間違っているということだ。あるいは、エマーソンが自身のエッセイ『独立独歩』で言った、

『だれでも教育を受けている過程で嫉妬は無知であり、模倣は自殺行為にほかならないという確信に達する時期がある。』

 

ということに何らかの関係があるかだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧