Contents|目次

二宮金次郎『生きているときは人で、死んで仏になると思っているのは間違いだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『生きているときは人で、死んで仏になると思っているのは間違いだ。生きて仏であるからこそ、死んで仏なのだろう。生きてサバの魚が、死んでカツオになる道理はない。林にあるときはマツで、切ったらスギになるという木はない。だから生前から仏であって、死んで仏になり、生前から神であって、死んで神なのだ。』

 

仏というのは、『仏陀(ブッダ)』のことだ。

 

ブッダ

ブッダ

 

つまり、あのゴータマ・シッダールタ、通称『釈迦』である。

 

だが、『ブッダ』というのは『悟りを開いた者』であるからして、この釈迦だけのことをブッダと言うのではない。ある考え方には、『お釈迦様こそブッダだ』と言って、釈迦を神格化したものがあるが、釈迦自身は、そう言っていなかった。

 

ブッダ

個人を崇拝するな。答えは自分の心にある。

 

と説いていたのだ。『死んで仏になる』とか、『死んで神になる』というのは、いわゆる宗教的思想の一つであるが、二宮金次郎の理論の方が、当然の如く、つじつまが合っている。要は、この人生と、死後の世界を切り離して考えているあたり、妙な違和感を覚えるわけだ。そこに、本当に私利私欲は一片も介入していないか。例えば、『怠惰』はないのか。

 

キリスト教の『7つの大罪』は、

キリスト

 

  1. 傲慢
  2. 強欲
  3. 暴食
  4. 色欲
  5. 嫉妬
  6. 憤怒
  7. 怠惰

 

だ。ブッダが罪だと定義した『執着』、

 

孔子が戒める『利己』、

孔子

ソクラテスが戒める『無知』、

ソクラテス

 

やはり、どんな方向から考えても、『この人生の間にやるべきことがある』わけであり、『この人生の間に、やってはならないことがある』という考え方の方が、人として正しい生き方の様に思える。

 

俺は神になるんだ!

 

と言って、テロリズムを行い、罪のない人間を大勢殺す人がいる。彼らが死んでなるのは、『神』なのだろうか。それとも、『テロリスト』なのだろうか。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

チャールズ・ケタリング『問題をきちんと述べられれば、半分は解決したようなものだ。』 サミュエル・ジョンソン『今から一年もたてば私の現在の悩みなどおよそ下らないものに見えることだろう。』 尾崎一男『一切の気取りと、背伸びと、山気を捨て、自分はこれだけの者、という気持ちでやろう。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧