『ヒト』を最適化しよう。

ニュートン『若いときは、他の人の仕事をするのを決して嫌がらないことだ。そして歳をとれば、自分よりもよくできる人の仕事には決して手を出さないことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

若い時に自分のスキルを上げる為、自分の人格の基礎を構築する為に何でもかんでもやってみる必要があることはわかる。SMAPの中居正広は、

『若いときは、汗かけ、恥かけ、物をかけ(欠け)という気持ちでやっていた。』

 

と言い、明石家さんまも、

『若い時の苦労は買ってでもしろ』

 

と言ったが、そういう、人格の基礎構築の為の努力や苦労は、よくわかる。

 

野球界の打撃の神様と言われた川上哲治も、

 

と言っているように、とにもかくにも、若い時代は下積みが極めて重要なのである。だが、歳を取った時のニュートンの話はどういう意味だろうか。ナポレオン・ヒルの著書、『思考は現実化する』にはこうある。

『二つ以上の頭脳が調和のとれた協力をするとき、一つの頭脳よりもはるかに大きなエネルギーを生み出すことが出来る。』

 

(中略)ヘンリー・フォードが、資本もなく、無学で、無知というハンディキャップを背負いながら事業を始めたことはよく知られた事実である。それがわずか10年という信じられないほどの短期間で、彼はこれら三つのハンディキャップを克服し、25年間で米国最大の富豪になったことも良く知られていることだ。

 

 

(中略)事業を経営している人なら、従業員を一緒に働かせることの難しさを知っているはずだ。他人同士の調和ほど難しいものはない。このエネルギーを手に入れることの出来る源泉の中で、最も重要なのは第一番にあげられていた『無限の知性』である。※無限の知性…私たちはヒラメキによって知恵なり知識なりを得ることが出来る。

 

なるほど、これは『最適化』の話である。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧