名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ガリレオ 名言/格言

ガリレオ

 

ガリレオとは

イタリア天文学者。ガリレオ・ガリレイ(1564~1642年)は、天文学の祖として非常に有名な人物です。太陽が地球を回っているという長くキリスト教世界を支配していた考えを実験によって得た証拠によって覆し、天文学のみならず、近代的な学問が発展するきっかけを作りました。

 

もっとも有名なのは望遠鏡の開発と使用で、木星を観察して4つの衛星(ガリレオ衛星)を発見したことで知られています。同じく望遠鏡での観察では月面のクレーターも発見しています。また、真実ではないともされていますが、重量によって落下速度が変わらないことを証明するために、ピサの斜塔から球を落としたというエピソードもあります。

 

ただし、こうした画期的な意見は当時のキリスト教会には受け入れられず、異端の疑いがあるとして厳しく糾弾されます。結局意見を曲げなければならなかった時に発したとされているのが、かの有名な「それでも地球はまわっている」です。

 

ガリレオ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ガリレオの言葉


 

『懐疑は発明の父である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ガリレオは、コペルニクス、ケプラー、ニュートンと並び、科学革命の中心人物と言われている。ガリレオはコペルニクスが提唱した地動説を唱え、それを理由に有罪判決を受けた。

>>続きを見る

 

『その人間から何かを学ぶことが出来ないほど愚かな人間に、私はあったことはない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、ある少年が居て、カンフーを習いたいのに、わけのわからない雑用をさせられる。来る日も来る日も、師匠がカンフーを教えてくれない。しかし確かに、『雑用の仕方』は学んでいるわけである。

>>続きを見る

 

『人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『自らに気づかせる、手助けが出来るだけだ』の方がしっくりくる文法だが、細かいことはいい。重要なのはエッセンス(本質)である。

>>続きを見る

 

『真理はすべてひとたび発見されれば容易く理解される。問題はそれを発見するという事にある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

今ある固定観念、既成概念。あるいは、『1+1=2』ということ、この果物が、『リンゴ』だということ。これは、最初から決まっていたわけだ。

>>続きを見る

 

『書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

松下幸之助はこう言い、『何でもあれこれ命令してやらせるのではいけない。それでは言われたことしかしない人ばかりになってしまう。』山本五十六はこう言い、

>>続きを見る

 

『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『自らに気づかせる、手助けが出来るだけだ』の方がしっくりくる文法だが、細かいことはいい。重要なのはエッセンス(本質)である。

>>続きを見る

 

『哲学は、我々の目の前に広げられているこの巨大な書物、つまり宇宙に書かれている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『宇宙』とは、いわゆる地球人が想像する、あの真っ暗の中に星が点々としている場所の事だけを指す言葉ではない。

>>続きを見る

 

『聖書は我々にいかに天へ行くかを教える。いかに諸天体が動くかを教えるのではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ガリレオとコペルニクスが説いた『地動説』。かつてキリスト教で信じられていた『天動説』ではなく、

>>続きを見る

 

『感覚が役に立たないとき、理性が役に立ち始めるのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

普段、『自由奔放だ』と、ある種の揶揄をされる人間が、いざという場面で頼りになるケースがある。

>>続きを見る

 

『学者は、それゆえという言葉をしきりに使うが、なにゆえ、それゆえなのか俗人には分からない。なにか、偉そうな言葉で誤魔化されているようだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

実にその通りだ。私も似たような言葉をよく使う。『つまり』とか、『ということになるのだ』とか、別にそれが100%正しいとは言えないのに、100%正しいかのような言い回しをすることが多々ある。

>>続きを見る

 

『数学は、科学へとつながる鍵とドアである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

科学と数学は、切っても切れない関係にある。実験でも検証でも、そこには必ず蓄積されていくデータがあり、当然、1回目、2回目という時に、数字が割り当てられ、その結果自体にも数値が割り当てられる。

>>続きを見る

 

『私は、何も学ぶべきものがないほど愚かな人に会ったことはない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

普通、『何も学ぶべきものがない』人は、天才というか、頂点にいる人で、極めたから『何も学ぶべきものがない』という発想になりそうなものだが、ガリレオはそういう人を、『そんな愚かな人』という言い方をするのである。

>>続きを見る

 

『責任を取れない人間は、科学者であってはならない。あなたに未来を作る資格は無い。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

だが、ガリレオのこの言葉と一緒に考えるべきなのは、以下の偉人の言葉だ。フランスの哲学者、サルトルは言った。

>>続きを見る

 

『宇宙は数学という言語で書かれている。そしてその文字は三角形であり、円であり、その他の幾何学図形である。これがなかったら、 宇宙の言葉は人間にはひとことも理解できない。これがなかったら、人は暗い迷路をたださまようばかりである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人智を超えている』ということだ。というか最初から『人間本位』でなければ問題ない。普通の話である。

>>続きを見る

 

『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に事物が存在し、言葉はその後に従うものだからである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私は偉人の言葉だけと向き合って内省しているだけだから、別に彼らのやったことや人生については別に深く追及して学んでいない。どうでもいいからだ。そうじゃなくても別に言葉からは強いエネルギーは貰える。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP