『ヒト』を最適化しよう。

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

意味

アインシュタインはこう言い、

 

こうも言った。

 

例えばエジソンは、

 

と言ったが、彼は言葉通り、『1万通りの方法を試した』のであり、『同じことを1万回やった』のではないのだ。

 

アインシュタインはこうも言ったが、

 

しかし、その偏執狂は『ただ単に同じことを繰り返し続ける』人間ではなく、『やってみてダメだったやり方はもう二度と行わず、結果が出るまで違うやり方を試し続ける』人間だということなのである。

 

そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』だ。前者には意志がない。風に任せてどこまでも反応的であり、主体的に自分の舵を握ってそれをコントロールする意識がない。後者にはそれがある。何しろ、操縦席がついている。自分の操縦次第でこの機体の行く末が決まる意識と責任感があり、他力本願ではない。

 

スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で、『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

『率先力を発揮する人としない人との間には、天と地ほどの開きがある。それは、25%や50%の差ではなく、実に5000%以上の効果性の差になるのだ。』

 

 

紙ヒコーキの考え方でも、もちろん『偶然の恩恵』はあるだろうが、しかし、紙ヒコーキがセスナを追い抜かして飛行するという話を聞いたことがあるだろうか。時間が無限であれば悠長に構えていても全く問題はない。だが、人生が有限である以上、ただ単に『続ける』だけではなく、『最適化し続ける』という考え方を持つことが極めて重要になる。この世を生きた人間の中には、もし寿命が今の1万倍だったなら、偉業を成し遂げ歴史に遺った人は大勢いただろう。

 

 

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』