『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

意味

なにしろ、危機が完全に去ることなどあり得ない。目に見えるものだけに囚われている人間は、例えば嵐がやめばこう思うだろう。

 

晴れてきたな…。もう嵐の危険性はないか。

 

だが、その後に地震が起きて、あるいは事故に遭って命を落とす可能性があるのだ。つまり、

 

  • 嵐リスク:5%
  • 地震リスク:20%
  • 自動車事故リスク:30%
  • 電車事故リスク:20%
  • 飛行機墜落リスク:10%
  • 船沈没リスク:15%
  • 転落リスク:15%
  • 感染症リスク:35%
  • テロリスク:3%

 

などという、あらゆるリスクの可能性を数値化したデータが、常に『自分の目に映っていない』からといって、

 

もうあらゆるリスクはなくなった

 

という発想をするのであれば、そこにいるのは単なる盲目的な人間である。そんなデータは、目の前に映っていてもいなくても、常に存在しているからだ。

 

危機が完全に去ることなどあり得ない。したがって、危機が完全に去ることを待っている間に、一生は終わってしまうだろう。そして、そうした人生は悔いを残すことになる。この一生は、最初からあらゆるリスクにさらされているのだ。いつか必ず沈没することも決まっている。だが、それでもその間、思う存分航海が出来るのだ。悔いの無い航海を、最後まで貫くのだ。それが人生だ。人間の矜持だ。

 

 

関連する黄金律

関連する偉人の言葉