『ヒト』を最適化しよう。

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

意味

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』 『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

これらと一緒に考える言葉である。これらを全て考え尽くせば、もう逆境なんて怖くなくなっているはずだ。むしろ喜ばしい。そうするとそこにいるのは、『順境でも逆境でもエネルギッシュに人生を生きる、無敵の生命体』だ。

 

かつての経営の神、松下幸之助は言った。

 

松下幸之助クラスになると、当然のようにこれを自分のものにしていた。

 

 

関連する黄金律

関連する偉人の言葉