『ヒト』を最適化しよう。

井上靖『年齢というものには、元来意味はありませんよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

ユダヤの諺にこういうものがある。

 

歳を重ねてもエネルギッシュな人はたくさんいるし、その逆で、歳だけ取った愚か者もたくさんいるのである。

 

小説家、梅崎春生はこう言った。

 

くだらない大人に成り下がるのはやめた方が良い。『成人』とは、『大人に成る』と書く。よもや、成人式で大人に成ったとは思っていまい。あれは単なる形式だ。年齢も同じような考え方である。どうせ歳を重ねるなら、『年輪』の様に確実に育っていくことを目標とすることが必要なのである。

 

確実

 

イチローは言った。

 

『自分が年老いていく』ということを認めることは、もちろん真理を理解している人間ができることだ。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

 

  • 生:生きること
  • 老:老いること
  • 病:病を患うこと
  • 死:この世を去ること

 

これを避けることなど、たしかに現実逃避に他ならないわけである。しかし、『自分が年老いている』と認めることは、実はあまり心身にいい影響を与えない。いやもちろん、

 

若い時はこれくらい簡単に走れたんだけど、今は心は若くても、体が若くなかったみたいだ。

 

と言って、運動をするとケガをしてしまうことはある。だがそうではなく、

 

私なんてもう賞味だから…

女性

 

などと言って自分のことを卑下し、まるで『用済みの老人』のように扱ってしまうと、不思議なことに人間の心身は、その思考を現実化させようとして、本当に老化が進んでしまい、可能性が埋没することがある。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

 

イチローや井上靖の言うように、本来、自分で自分に限界を作るものではない。限界はいずれ来る。そのいずれ来るその時まで、自分は精一杯エネルギーを燃やしていいのだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

井上靖の名言・格言一覧