Contents

梅崎春生『近頃の若い者云々という中年以上の発言は、おおむね青春に対する嫉妬の裏返しの表現である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

中年は、『壮年』と表現してもいいが、それを中年としているところがポイントだ。『壮年』であれば、妙に熟達しているイメージがある。しかし中年なら、そうじゃなくてもただ歳を取ればいいからだ。

 

私もこの『最近の若い者は発言』については、20年前から嫌悪感を抱いていた。だから絶対に自分は言わないことを、よく言い聞かせたものだ。あの頃の違和感と嫌悪感が正しかったことに気づくのに、そう時間はかからなかった。私はそのあと、『その言葉を言う人間の前にも、先人が居た』ことを理解したのである。

 

先人

 

つまり、『常にその言葉を言う人間の前に、先人が居る』わけで、だとしたら『先人は常に正しい』ことになるが、敵の首を刀で切り落として、手土産にしていた時代も正しかったことになる。今、それをしたら『列島を震撼させるほどの異常犯罪』になる。つまり別に『近頃の若い者』は間違っているわけではないのだ。そこに生まれているのはジェネレーションギャップ(世代間の価値観のズレ)に過ぎない。

 

それに対し、上から物を言う様に、さも自分が正しいとでも言うかの様に、『最近の若い者は』と言って見せる。なぜそういうことになってしまうかというと、現存する人間の最高齢世代が、自分たちだからだ。つまり、現在、この世に生きている人が自分たちの世代が一番上、あるいは、一番上でなくても、上にはじいさんばあさんしかおらず、覇気が残っているのは自分たちの世代だけで、(自分たちが何とかしていかなければならない)という、ある種の使命に燃えているから、そういう発言をするのだ。

 

しかし、自分達の世代こそがこの世をコントロールする権利を持っていると考えるのは、単なる誤謬である。梅崎春生の言う様に、その行為はとても虚しい。それはまさに『中年』止まりの人間のやることである。『壮年』であれ。若者に嫉妬されるような生き方をしてみせる、壮年であれ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

近藤勇『捨ててならぬものは 義理』 ガウディ『人間の作るものが神を超えてはならない。だからサグラダファミリアは高さ170mで、ムンジュイックの丘より3m低くなっている。』 クロード・ホプキンズ『小規模なテストを行って費用と結果を観察するのだ。顧客1,000人分の費用がわかれば、ほぼ正確に100万人分の費用がわかる。 そして彼らが何を買うかわかれば、100万人の人々が何を買うかもわかるのだ。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』