『ヒト』を最適化しよう。

井上靖『自分が歩んできた過去を振り返ってみると、何とたくさんのすばらしい、一生に一度の出会いがあることか。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

自分が歩いているこの人生を、例えば一つの『道』だと考えると、往々にしてこの道は、前へ前へと続く道である。どちらにせよ、『死』に向かっていることは確実。100%という数字で間違いない。だとすると、この道の形や距離は人それぞれ違うが、どちらにせよ、『生』から始まって、『死』で終わる。この道は、そういう道である。『生』で始まって、『生』で終わるなら、そこにあるのは『道』ではなく、『点』である。しかし、『生と死』。そのそれぞれの持つ意味が違う以上、この人生は『点』ではなく、『線(道)』なのである。

 

道

 

だとしたらその道中に、見える景色がある。その見る量や形は人それぞれ違う。生まれてすぐに景色が見えなくなる命もあるし、100年の時間、それを見続ける人もいる。どちらにせよ見える景色があって、それは『奇跡の景色』である。何しろ、死んだらもう二度と、見ることが出来ないのだ。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

 

この、過去、未来永劫の時間の中において、たった一冊しかないその本に書いてある内容は、奇跡としか言いようがない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

井上靖の名言・格言一覧