『ヒト』を最適化しよう。

井上靖『どんな幸運な人間でも、一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

逆に、それが『無い』と決めつけている人は、一体何が言いたいのだろうか。自分が悲劇のヒーロー・ヒロインにでもなったつもりなのだろうか。どうして私だけが、などと。一度のその小さな小さな脳の中から飛び出して、実際の世界を見渡し、歩き回ってその眼で見ると良い。あなたより大変な目に遭っている人間はごまんといる。それらすべての人が悲劇のヒーロー・ヒロインになっていいのか?だとしたら70億人のヒーロー・ヒロインの誕生だ。

 

関連リンク:ノジコ『コイツみたいに真っ先に死ぬこと考えるような奴が大嫌いなの!!!』

 

ヒーロー・ヒロイン

 

寺山修司はこう言い、

 

明石家さんまはこう言った。

 

一見すると何もかもうまくいって、幸せな日々を送っている幸運な人がいる。だが、そんな彼、彼女が歩いてきた道のりは、きっと順風満帆ではない。人間には心がある。心があるから人間なのだ。その繊細で複雑な心が、人間の人生に葛藤を与え、今日救えなかった命への無力さを思い知り、心を虚無に侵される。だが、生きていかなければならない。そして最後には必ず死ななければならない。我々の一生は儚く虚しい。何をやったって最後には消え、記録に残したところで地球が終わればすべては虚無と化すのだ。

 

地球

 

しかし、生きていかなければならない。いや、だからこそ生きていく必要がある。この儚く虚しい人生を、『尊く意義のある一生』に変えるために、人はその虚無と絶望の淵から自力で這い上がり、エネルギーを燃やして一生を生き貫く必要がある。幸運に満ち溢れている人。それは、エネルギーが煌々と燃えている人だ。そして、その煌々と燃えるエネルギーを彼、彼女が放つことが出来ているのは、虚無と絶望を目の当たりにしたからだ。だからこそ、そのエネルギーが必要だった。虚無と絶望の闇を迷わず生きていくための道標として、そのエネルギーが必要だったのだ。

 

エネルギー

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

井上靖の名言・格言一覧