『ヒト』を最適化しよう。

ラテンの諺『不幸な人は希望を持て。幸福な人は用心せよ。』

考察

不幸な人がいたとしても、その不幸がいつまでも続くことはないから安心するべきである。

 

幸福な人がいたとしても、その幸福がいつまでも続くことはないから警戒するべきである。

 

やまない雨はあるだろうか。いつまでも晴れの日が続くのだろうか。たとえそれが『随分と長い間』続いたからといって、それは永久に続くものではない。

 

そこが砂漠や南極じゃない限り、必ず事態は好転するし、そして暗転する。

 

晴れ

 

老子は言う。

 

アリストテレスは言う。

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

 

ラテンのこの諺は、古今東西のあらゆる状況で通用する、叡智である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』