『ヒト』を最適化しよう。

西洋の諺『まず生き、それから深く思索せよ。』

考察

しかし気を付けなければならないのは、フランスの小説家、ブールジュのこの言葉だ。

 

生きてから、考える。ではなくブールジュは、考えてから、生きろ。と、全く逆のことを言っているのだ。一体どういうことなのだろうか。

 

まるで、『二度あることは三度ある』と、『三度目の正直』のような矛盾が発生しているではないか。まあ正直、言葉、格言、ことわざなど、ケースバイケースだ。状況によって適切な言葉は変わってくるのである。

 

しかし、そこをあえて考えなければ内省する意味がない。そう考えると、こういう方向で話をまとめることが出来るようになる。ブールジュの言うのは、『思慮浅い人間への警鐘』だ。そして、このことわざが指す対象は、『思慮迷う人間への助言』だ。

 

思慮が浅い人間も、考えすぎる人間も、等しく良くない。あるいは、『考えるだけ』の人間もダメだ。

 

世界のスズキ会長、鈴木修は言う。

 

いわゆる、『机上の空論』への批判である。

 

やってみなければわからないことがある。行ってみなければ見えない景色がある。評論家になり、あれこれと机上で文句を言うのは簡単だが、まずはやってみて、それから物事を判断したって遅くはないはずだ。

 

もしかしたら深刻な事情がある。もしかしたら守りたい景色がある。決めつけず、分かった気にならず、その原因を究明するべく、行動するべし。

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

西洋の諺一覧

西洋の諺一覧