『ヒト』を最適化しよう。

山本五十六『諸士は凱旋したのではない。次の作戦に備えるために、一時内地に帰投したのである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『真の戦いはこれからである。奇襲の一戦に心驕るようでは真の強兵ではない。諸士は凱旋したのではない。次の作戦に備えるために、一時内地に帰投したのである。一層の警戒と奮励努力とを強く望む。』

 

戦

 

アリストテレスは言った。

『人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。』

 

勝って奢らず、負けて腐らず』だ。

 

同じく、『勝って兜の緒を締めよ』という言葉の意味はどういうことかというと、

『戦いに勝って、ほっと一息ついて兜を脱いだとき、ふいに敵が襲ってくるかもしれないから、勝ったとしても油断せず、さらに用心せよ』

 

という意味だ。そしてそれならもう一つの解釈ができるが、

『戦で、勝負に勝ったのはいいが、勝利の美酒に酔いしれ、兜をしているのをわすれ、許容範囲を超えた体勢を取ってしまい、兜が後ろにずり落ち、あるいは敵に引っ張られ、それをささえる紐で首を絞められて死んだ』

 

という、なんとも残念が事態があったことも想像できるわけである。

 

許容範囲を超える動きをしようという時は、どういう時だ。浮かれ、浮つき、驕り、自惚れている時だ。勝利の美酒に酔いしれ、酩酊している時だ。私も以前、酩酊状態でそのまま寝床に入り、気絶するように睡眠を取ると、朝起きたら右腕の腱が伸び切って断裂していたことがある。

 

正直、全治は1年はかかった。油断して兜の緒を緩めたまま、締めないとどうなるか。経験値の多い人間にしか見えないかもしれないが、覚えておかなければならないのは、命は、一つしかないということだ。

 

関連リンク:『逃げることだけ考えろ!!今の俺たちじゃあこいつらには勝てねぇ!!』

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧