『ヒト』を最適化しよう。

山本五十六『人は誰でも負い目を持っている。それを克服しようとして進歩するものなのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ここでいう『負い目』は『コンプレックス』とも言えるだろう。

 

例えば、圧倒的世界ブランドの創業者、ココ・シャネルは、

『ひとりにならないためだったら、どんなにお金を使ってもいいわ』

 

と言って、かつて過ごした幼少時代の不遇な体験を、ひた隠した。まるで、真実を深い深い心の底にある井戸に押し込め、そこに蓋をするかのように、シャネルは頑なにそうしたのだ。しかしその人知れないコンプレックスが原動力となった。

 

『どんなにお金を使ってもいい』ということは、『どんな努力も惜しまない』ということ。自分の魂を細胞レベルから突き動かすそのエネルギー源は、紛れもなく彼女のその、コンプレックスが大元だったのだ。

 

日本の空手家、角田信明も同じようにコンプレックスを抱えた人間の一人だ。彼の10代の頃の写真を見ると、いかにも貧弱で、弱々しい身体をしている。

 

だがどうだ。その後の筋骨隆々とした逞しい姿は。

 

 

彼もまた、自分の弱点を克服すべく、努力を惜しまなかった。かくのごとく、不遇、負い目、コンプレックスなど、『バネにかかる圧力』である。そういう視点を一つ、持ちたい。

 

また、併せて読むべきなのは以下の記事だ。

 

黄金律

 

 

『偉人たちのとある『共通点』

 

偉人たちはみな、『強いられて』いた。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧