Contents

伊藤博文『大いに屈する人を恐れよ。いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事を成すに足らぬ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

偉そうな人に偉い人はいない。目の前に、いかにも『自分は強くて偉い』という印象管理をし、威厳を見せつけ、力を誇示している人間がいても、その人間の実態は稚拙であり、見栄と虚勢に支配された、虚しいものかもしれない。だとしたらメッキが剥がれる。本当に強い人間は、『本当は強い』ということをむやみやたらに誇示しないものだ。

 

本当に注意しなければならないのは、『大いに屈する人』だ。ここで着目したいのは、『レッドクリフ(赤壁の戦い)』のある一コマにおける天才軍師、周瑜だ。曹操軍の遣いが、旧友である周瑜に近づき、情報を盗もうと企んだ。周瑜は、久しぶりの旧友との再会に喜んだフリをして、酒を飲み、酔っ払い、偽の情報をさも『機密情報』かのように仕立て上げ、酔いつぶれてやむを得ず盗まれてしまった、という状況を故意に作り上げた。メタの世界』を操ったのである。

 

こういう表裏をコントロールできる人間は、常に大局がどこかを見極めている。うつけで、軽薄なフリをして、他人からの評価など一切気にせず、淡々と自分の意志を遂行するこの手の人間こそ、最もマークしなければならない。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

尾田栄一郎『何でドラマを重視したかっていうと、『ドラゴンボール』があったから。』 ヘルダーリン『故郷を持たぬ人は、土地に根をもたない草木のようだ。そして願わくは、心が故郷を失って、あらぬ方へと、さまよい行くことのないように。』 スピノザ『賢人の仕事は、いかに死ぬかではなく、いかに生きるかにある。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

伊藤博文の名言・格言一覧