『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

織田信長『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。』

 

これが織田信長の言葉である。では次に、これらの言葉を見て見よう。世界の王貞治をコーチした荒川氏は言う。

『みんな王の半分も努力できないでしょ。それくらい王は努力したと思います。』

 

そして、その当時の監督でもあった、バッティングの神様といわれた川上哲司監督は言う。

『俺は王ほど努力できないな。』

 

その王が言ったのはこうだ。

 

努力

 

また、サッカー界の貴公子、ベッカムはこうだ。

 

次は天才芸術家、ミケランジェロのこの言葉。

 

どうだろう。信長の言う様に『才能ある者はそれに自惚れ、怠惰する』ということであれば、前述したような偉人、天才たちは、なぜこれほどまでに努力したのだろうか。彼らは天才じゃなかったのだろうか。いや違う。彼らは天才だ。そして『天才』とは、『生まれながらに才能のある者』よりも、遥かに上の境地にいる存在である。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧