『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・フォード『今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ピンチはチャンスなのだ。つまり、『ピンチ(窮地)』こそを喜ばなければならない。だが実際はどうか。少なくとも、私の人生の周りにいた人間には、ピンチをそのまま『ピンチ』として受け止め、チャンスをそのまま『チャンス』と受け止め、『勝って奢らず、負けて腐らず』の精神を重視している人間は、少なかった。

 

アリストテレスは言う。

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

 

実は、むしろこの『チャンス(得意時代、栄えているとき、勝っているとき)』こそ、注意をしなければならないのだ。驕り、浮つき、転落した人間を、私はもう、いやというほど見て来た。

 

西郷隆盛もこう言い、

 

本田宗一郎も、

 

こう言ったが、今だ。今こそが、人生のハイライトなのだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧