『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『人の運命を決定するものは、その人が自分自身をいかに理解しているかということである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

村上龍は言った。

『自分が欲しいものが何だかわかっていない奴は、何も手に入れることが出来ない。』

 

まずはこの考え方だ。この考え方で、人間の人生は大きく変わると言っていい。スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で、『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

『率先力を発揮する人としない人との間には、天と地ほどの開きがある。それは、25%や50%の差ではなく、実に5000%以上の効果性の差になるのだ。』

 

自分の人生がどんなものであるかを理解している人間には『主体性』がある。たった一度の人生を、なぜ人に従って生きていかなければならないのかという、『自由民の意志』がある。

 

アリストテレスは言った。

 

つまり、自分の人生の舵を握り、主人となって文字通り、主体的に生きる人は、例え生まれた身分が奴隷であっても、彼は奴隷ではない。だが、自分の人生の舵を握ることを放棄し、舵を握ってくれる主人を探して反応的に生きる人は、例え生まれた身分が自由民であっても、彼は奴隷である。

 

『自分自身への理解』というのは、まずそういうことだ。『自分自身』とは、『唯一無二』なのであり、それに気づけるかどうか、ということが『理解』なのである。そしてもう一つ付随して考えるべきなのは、『ホームとアウェイのからくり』である。色々と言うことはあるが、しかしまずの大前提として決定的な事実に、

 

『人間の能力が最大限に発揮されるのは、ホームである』

 

というものがある。例えば、アウェイだと感じた瞬間に、何もない場所でつまづいてしまう現象があるが、それが『能力を発揮されている状態』かどうかを、考えてみると良い。唯一無二の人生を『理解』し、『主体的』になり、この世が『ホーム』と化せば、その対極にいる人間と比べた時、人間の運命には天と地の差が出る。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧