『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『私は大部分の時を孤独で過ごすのが健全なことであるということを知っている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『私は大部分の時を孤独で過ごすのが健全なことであるということを知っている。最も善い人とでも一緒にいるとやがて退屈になり散漫になる。私は独りでいることを愛する。』

 

一つは、孤独であるという状態でしか出来ないことがあるということ。それは内省であり、内観である。自分の心と向き合って、この一生や、命が何であるかということについて、深い瞑想をし、心を整える行為だ。

 

そしてもう一つは、ニーチェが言ったような、

 

ということで、『他の要素』と触れ合ってしまうことで、自分という唯一無二の要素が汚される、汚染される、他と結合して、違う要素になってしまう、ということで、孤独な状態でこそ、人は初めて真の自分で在ることが出来るということ。

 

私も一人で過ごす時間が多いからその気持ちはよくわかる。正直、理解力の少ない人間と話をしたり、真実を堂々と誤解している人間が、一線を越えた態度を取ってくる行為は腹が立つし、見てられないし、そういう時の精神状態は健全ではない。

 

しかし、ここで考えるべきなのは、

『一人でいると、妄想がエスカレートして、自分の世界に入り、その世界がもし間違っているものだとしたら、反社会的であり、天邪鬼であり、単なる不審者である』

 

という方向の考え方だ。こういうデメリットに注意しながら、孤独の時間を過ごす必要がある。

 

しかしニーチェはこうも言ったが、

 

孤独でなければ出来ないことがあるのだ。そしてその重要性は、極めて大きなものである。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧