『ヒト』を最適化しよう。

ヘミングウェイ『「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

デール・カーネギーは言う。

 

エマーソンは言った。

 

天才作家、スティーブン・キングは言う。

 

さしずめそれは自分の『天職』であり、『天命』。

 

 

それが、単なる自分への自己暗示だとしても、人生の美化、正当化だとしても、なぜだろう。そんなにそれについて全力を振り絞れるのは。どうしてだろう。それをやっているとあっという間に時間が過ぎてしまうのは。

 

間違いなく人間には『夢中になれるもの』がある。時にはそれが利益を生まないようなものもあるだろうし、莫大な利益を生むものもあるあろう。それは人によって違っていて、その差異については仕方がないところだ。

 

『テロリズム』を行う人間もいる。つまり、そういったテロリストが、『これをやるために生まれてきた』といった場合、それは正当化されるだろうか。『世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

残念ながら、言葉も火も、それを取り扱う人の考え方が歪んでいたら、間違った結果を生み出す。例えば、『自由に生きろ』と言われたとき、人は自分のやりたいように生きる発想が頭をよぎる。だが、

 

つまり、モンテスキューがこう言い、

 

福沢諭吉がこう言ったように、

 

『自由』であっても制限があるのだ。この制限について理解できないような人間は、先ほどのテロリストのような短絡的な発想に結び付けてしまう。私も極端な性格だから、そういう人の気持ちはわかる。わかるが、テロリズムや戦争は許されない。断じて許されない。

 

戦争

 

そこで見るべきなのは、下記の記事だ。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

この記事は当サイトの集大成で、最もボリュームがあり、難易度が高い。だが、ヘミングウェイが言った、

 

という言葉と、非常に密接に関係しているテーマを扱っている。

 

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

それが私が見出した言葉だ。そしてこれは、ヘミングウェイの言葉ととてもよく様相が似ているのである。

 

『「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。』

 

確かにそれはその通りだ。だが、これはヘミングウェイが言った『善悪』、そして私が言った『真理=神=愛』の図式を理解した上で、ということが前提である。それならば、テロリズムに走るようなことは決してない。もし走ったのであれば、それはただ今言ったことを理解していないだけだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧