『ヒト』を最適化しよう。

デール・カーネギー『興味の湧くところにやる気も生じる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

エマーソンは言った。

 

天才作家、スティーブン・キングは言う。

 

何でもいいから、熱中して、気が付いたら夕方になっていた、ということがないだろうか。それがなんであれ、それこそが自分が心から求めているミッション、ノルマ、アクティビティなのである。それが仕事なら『天職』だ。全ての人が天職に就ければ、そんなにも望ましいことはない。

 

 

だが、実際にはそうなっていない。それはあらゆる『ズレ』が原因である。まずは『勘違い』だ。天職の勘違い。それはただただ、転職すればいいだけだ。そして『ナルシスト』。悲劇のヒーロー・ヒロインを気取り、『自分はこの仕事をやむを得ずやっている』などと言って、他のことをやれば花開くかのように振る舞う。それは単なる言い訳がましい正当化だ。

 

阪急グループ創始者、小林一三は言う。

 

自分の仕事にケチをつけて、結果が出ないことを外部要因のせいにする。こんな責任感のかけらもない人間には、成し遂げられることなど何もない。どんな理由にせよ、自分の心を整えることが根幹になければならない。興味が無くても、興味が湧くように心を整えればいいだけだ。

 

ロシアの作家、アルツィバーシェフは言った。

 

そこにも書いた彼女は、なぜ後になって星を探し、先住民と友達になり、サボテン、リュウゼツラン、ヨシュアの木について研究し、プレイリードッグについて調べ、砂漠の夕陽を眺め、砂漠の砂が海底であったころの何百万年も昔に残された貝殻を探り出したのだろうか。

 

 

そこに全ての答えがある。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧