『ヒト』を最適化しよう。

ヘミングウェイ『善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この話を更に、一気に掘り下げよう。

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

まず短絡的に、健康=善、病気=悪、という図式を思い描いた。

 

ヘミングウェイは言った。

善とは後味の良いことだ。悪とは後味の悪いことだ。健康は後味が良いし、病は後味が悪い。尾を引く。

 

ヘミングウェイの言葉の通り、この図式は間違っていそうもない。常識的な考えだ。だが、ソクラテスのその発言を聞いた。すると、

 

(確かに、病を患ったことであの船に乗らずにすんだ。乗っていたら、沈んで、死んでいた。)

 

となり、病を患ったことが、=善だった、という図式に塗り替えられてしまった。

 

黄金律

 

ヘミングウェイはこうも言った。

 

なるほど。この話は奥が深そうだ。何しろ、それでもまだヘミングウェイの言葉は輝きを失っていない。つまり、

 

病を患った⇒船に乗れなかった⇒船が沈んだ⇒命が助かった⇒

 

しかし、後味は悪かった。多くの人の命が、失われたからである。確かに、自分にとっては、病を患って命が助かった。だから、病を患ったこと自体は、『善』だったのかもしれない。ただ、後味は悪い。何しろ大勢の命が亡くなったのだ。だとしたら沈没したという事実は、まぎれもなく『悪』だった。

 

では、自分はたまたまそれで命が助かり、後に病も治り、『善』としたが、健康で船に乗った人、あるいは後に病が悪化した人が『悪』となるのなら、善と悪とは、一体何なのだろうか。

 

ヤスパースは言った。

 

そんなことを考えているのは人間だけかもしれない。

 

意志

 

追記:だが、ここに付け加えることがある。下記の記事だ。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

この記事は当サイトの集大成で、最もボリュームがあり、難易度が高い。だが、今回の『善に寄ったら後味がよく、悪に逸れたら後味が悪い』という問題と、非常に密接に関係しているテーマを扱っている。

 

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

それが私が見出した言葉だ。そしてこれは、ヘミングウェイの言葉ととてもよく様相が似ているのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧