『ヒト』を最適化しよう。

フランシス・ベーコン『いかなる法律も宗派も学説も、キリスト教の教えほど善を重視したものはなかった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

確かに私も、『キリスト教の教え』そのものは、一部を除いて極めて傾聴に値すると確信している。重要なのは、『私』だ。つまり、この私である。何を隠そうこの私は、実に29年間の間、両親にクリスチャンになることを強要されて育ったのだ。

 

 

それは、今書いたとおり『強要』だった。人の心を救うはずの信仰が、人の心を長い間苦しめていたのである。そして私は、両親の死を心底から願った。もう、呪ったと言った方がいい。それぐらい、私の心や意志をないがしろにして、それを強要する親を怨んだし、キリスト教も含めた全宗教を憎んだ。それが『私』だ。その私が言っているのだ。少しぐらいは傾聴に値するはずである。

 

しかし、ヴォルテールはこう言い、

 

ガンジーはこう言い、

 

マザー・テレサはこう言い、

 

フランスの小説家、プレヴォは言った。

 

 

新約聖書を書き、キリスト教を世界宗教へと発展させたのは、イエス・キリストではなく、その代表的な弟子の一人、『パウロ』だ。新約聖書は、パウロが、キリストが十字架に貼り付けられて死んだのを見て、『神との新しい契約だ』と解釈したことから生まれた書物である。つまり、それらの真相はさておき、とにかく『キリスト教の教え』というものは、誰の教えだろうが、傾聴に値するものがあるということは紛れもない事実。極めて研ぎ澄まされていて、『人間の説明書』がないこの世の中で、それを謳うに相応しい聖典(バイブル)であることは疑いようがないだろう。

 

ただし、それを伝えている人間が正しいということにはならない。つまり私の場合で考えれば、『それを伝えた人間』が間違っていた為、宗教自体を忌み嫌ってしまったということなのである。ベーコンの話も、その正確性は疑わしいが、しかし、その蓋然性は極めて高いと言っていいだろう。かつて、実の親と宗教を呪うほど憎んだ、この私が言っているのだから。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧