Contents|目次

バルタサール・グラシアン『不運が眠っているときには、起こさないようにそっとしておくことだ。ちょっとしたつまづきなら軽い傷ですむが、それがもとで転倒してしまうと、致命傷を負いかねない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この言葉の引用元は、『触らぬ神に祟りなし』の方向でこの言葉の意味をまとめているが、本当にそうだろうか。何しろ私はかつて、『祟りを恐れて触らなかった』ことについて、恩師にこう言われた。

 

『お前は卑怯だな。醜い、ずるい、汚い。』

 

ずるい

 

一見すると、何一つ問題を起こさない優秀な生活を送っていた私に対し、恩師達はそう言ったのだ。これはとてつもない試練だった。要点は、フランスの小説家、スタンダールのこの言葉、

 

この記事に書いた。更なる詳細は長くなるので他の機会にしよう。とにかく、『触らぬ神に祟りなし』について私は、他の人とは違う見解を持っているのである。

 

さて、ではグラシアンのこの言葉はどう解釈するべきだろうか。

『不運が眠っているときには、起こさないようにそっとしておくことだ。ちょっとしたつまづきなら軽い傷ですむが、それがもとで転倒してしまうと、致命傷を負いかねない。』

 

それは例えば、こういう方向だ。

『もし今、幸福の状態にあり、不運とは無縁の生活を送っているのであれば、それは良かった。だが、覚えておかなければならない。決して、思い上がってはならない。 それは一時的である。』

 

つまり、慎重さを怠るべからず。何かが起きてからでは遅い。

 

リンカーン は言う。

 

後始末ではなく、『前始末』をするべきだということである。だがもちろん、たしかにこの言葉は下記の黄金律にも接触していることになる。

 

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

 

風林火山だ。勝海舟は、

 

と言ったが、このように『時期を待つべきだ』という解釈もできるのがこの言葉である。前始末と風林火山の重要性に接触しているこの言葉は、どちらにせよ傾聴に値するということになる。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ベンジャミン・ディズレーリ『心の中で素晴らしい考えを育てるのだ。なぜなら、自分が考えている以上に素晴らしい人間にはなれないのだから。』 川端康成『ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ。』 アナトール・フランスの名言・格言一覧

 

関連する『黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

同じ人物の名言一覧