『勝海舟の言葉』を自分のものにしよう!

勝海舟とは(画像

日本政治家。生誕1823年。勝海舟(1823~1889年)は幕末から明治にかけて活躍した武士・政治家です。幼名は麟太郎で、陸軍総裁、軍艦奉行、海軍奉行などさまざまな官職を歴任してきました。

もっとも有名なエピソードは、西郷隆盛との会談で実現した江戸城無血開城でしょう。もし幕府側が徹底抗戦していれば戊辰戦争はさらに泥沼化し、近代化が後れるどころか海外列強の植民地化を招いていた可能性も指摘されています。また、坂本龍馬の師としても名高く、深い学識と広い視野に基づく先見性を備えていたと言われています。

亡くなる時に発したとされる「コレデオシマイ」という言葉は、偉人が残した数多くの辞世の言葉の中でもひときわ独自のインパクトを放っています。現在でもその先見性に対する評価は高く、国際化を迎える中、勝海舟の生涯や思想を学ぶ人は少なくありません。

メニュー

内省記事一覧