『ヒト』を最適化しよう。

勝海舟『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する。』

 

例えば『風林火山』で有名な『孫子の兵法』を考えてもそうだ。中国の名軍師、李牧は、

 

と言って、実に『数年』という時間を『山』に徹して勝機を待った。そして敵が油断した一瞬の隙を狙って返り討ちにし、勝利を得たのである。

 

かつて、私は『火』のモードしか備わていない時期があった。過信していたのだ。なぜ『山』になる必要があるのだ、と。すべて『火』で焼き尽くすのが俺の流儀だ、と。しかし、私という一人の人間が捻出できるエネルギーなど、この宇宙のエネルギーの動きや揺らめきにかかれば、まるで太刀打ちが出来なかった。だが、そういう挫折をするのは、若ければ若い方が良い。私は『風林火山』の如く『モードチェンジ機能』を習得し、いずれ来るタイダルウェーブ(大津波)に備えて、息をひそめる智恵を、挫折の中から見出した。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧

勝海舟の名言・格言一覧