『ヒト』を最適化しよう。

バーナード・ショー『生は全ての人間を水平化するが、死は傑出した人をあらわにする。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

マイケル・ジャクソンがわかりやすいが、それじゃなくても、死んだ後にその実力を発揮・あるいは爆発させる人間は珍しくない。ニーチェ 、ゴッホ、坂本龍馬などもそうだ。それにキリストソクラテスもそう。

 

生きてる間は、大勢の人の多数決で物事の評価が決められ、それでまかり通った『常識』が蔓延して、ときに真実が闇に葬り去られる。しかし、ある日識者が現れて、それを『ほじくり返す』のだ。例えばナポレオンは、ジャンヌ・ダルクをほじくり返した。歴史の闇に埋もれていた彼女を掘り起こしたのは、ナポレオンなのである。

 

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood….

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

『理解』する人が『理解力』がなければ、そこには『誤解』しか生まれない。あまりにもずば抜けたことをする人間は、往々にして正当に評価されないが、一度100年ほど時間を経過させ、蔓延している常識が『リニューアル』されるとき、温故知新の意味の如く、真価が評価されるということがある。それが、前述したような歴史的事実からわかるのである。

 

例えば数年前に、友人が自分の会社の現状について、こう話していた。

 

みんな、横一線を見て誰もやってないから、やろうとしないんです。それで怠けちゃって。

 

こういうことは人間を生きていると、実によく見る現象ではないだろうか。私がこの半生を生きてきて確信したことの中にも、『出る杭は打たれる』というものがあるが、いやはやこれは本当に、本当のことだったのである。エマーソンが言った『誤解された偉人』もその典型だ。我々は『水平化』しようと世の中が作用する『横一線の動き』に、どう向き合っていくかが問われている。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

バーナード・ショーの名言・格言一覧