『ヒト』を最適化しよう。

バーナード・ショー『私は完全に使い果たされて死にたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『自らが偉大と認める目的の為に自分自身が使われること、それこそが人生の真の喜びである。世界は自分を幸せにする努力を怠っていると不平を言う、病的な熱に浮かれた自己中心的な愚かな者になるのではなく、自然のなかの真の力にならなければならない。私は、自分の人生は社会全体のものであると考えている。そして、私が生きている限り、できるだけのことをするのは私の特権である。

 

私は完全に使い果たされて死にたい。働けば働くほど、生きていると実感できるのだから。私は人生のそのものを楽しむ。私にとって、人生は儚いロウソクのようなものではない。むしろ、ほんの一瞬だけ掲げていなければならない大きなたいまつであり、私はその火を出来る限り燃やし続けて、次の世代に渡すのだ。』

 

命の灯

 

私が今まで心に燃やし続けていた、ある言葉がある。それは、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の中で、坂本龍馬の父が亡くなる直前、龍馬に言った、この一言である。

『龍馬、生きてる間に、命を使い切れ。

 

これが衝撃的に、自分の魂とシンクロしたのだ。それまでの私の心底にあったのは、例えばゲレルトの、こんな言葉だった。

 

これもこれで充分、私に『生き方』、『死に方』について、葛藤させた。

 

また、レオナルド・ダヴィンチもこう言っているではないか。

 

モンテーニュにしてみれば、こうだ。

 

なるほど。キングスレイ・ウォード

 

と言ったが、私の場合、彼ら偉人の言葉を通した人生の内省でも、同じく正しい方向に一歩前進することを確信するのだ。

『ロウソクについていた火が、消えた。だから新しく、つけた。だが、その火がどうしてさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

 

ロウソク

ブッダは、このロウソクの火の考え方で、行われてきた負の業(カルマ。行い)が、輪廻(生まれ変わり)によって連鎖されるべきだという考えを強く否定した。同じく、バーナード・ショーも人生を『火』に例えた。そして、それはロウソクではなく、たいまつだと。

 

彼は、『火という魂や知性を受け継いで行ける媒体』のイメージを、たいまつに例えて、そう言ったのだ。悪いものは受け継がず、良いものだけを受け継ぐのは、斜に構えた場所から一見すると、ある種『自己中心的』に見えるかもしれない。だが、『斜』はあくまでも『斜』だ。『真正面』ではない。例えば『戦争』という負を、受け継ぐ必要があるか、考えてみるのがいいだろう。

 

戦争

 

マルクスは言う。

 

我々人間は、先人たちの失敗を糧にし、先人たちの成功を足掛かりにし、常に前へ前へと前進する使命を背負っているのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

バーナード・ショーの名言・格言一覧