『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

エマーソン『偉大であるということは、誤解されるということだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ヘンリー・デイヴィッド・ソローの師であり友人でも会ったエマーソン。彼のこの言葉もまた、私の人生を力強く勇気づけた言葉の一つだ。生涯忘れることは無いだろう。

 

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood….

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

例えば『バブル』の時、浮足立つ周囲の人間に、夜遊びや不動産の購入を誘われた。 だが断った。むしろ

 

やめておけ!

 

と忠告をした。すると、こう言われた。

 

なんだよお前。うるせえんだよ。クソが。つまんねえやつだな。俺が正しいんだ。周りも実際に羽振りがいいしな。せっかく友達として良い思いをさせてやろうとして話しかけてやったのによ。あんな孤独なヤツ放っておいて皆で勝ち組人生謳歌しようぜ!なあみんな!

 

そしてバブルは弾け、生き残ったのは誘いを断り、友として忠告をした男ただ一人だった偉大であるということは、誤解されるということだ。

 

ちなみに言うと、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らは皆『誤解』されている。孔子は、今でこそ中国を代表する大学者や聖人とされているが、同時代人の多くからは、出来もしないことをしようとしている身の程知らずや物好き扱いされていた(憲門第十四-四十)。ソクラテスとキリストは、無実の罪なのに冤罪を着せられ処刑されている。ブッダも、バラモン教(現ヒンズー教)のカースト制度を否定したことで、バラモン教司祭の強い反感を買い、嫌がらせをされていたのである。

 

ゲーテは言った。

 

彼らはつまり、偉大であるからこそ見極めた景色が複雑であり、凡人たちの理解が及ばないのだ。したがってそこに生まれるのは『誤解』である。理解できないからそれぞれがそれを曲解して、間違った解釈をするということだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧