名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ヘンリー・フォード 名言/格言

ヘンリー・フォード

 

ヘンリー・フォードとは(画像

アメリカ実業家。生誕1863年通称『自動車の育ての親』。ヘンリー・フォードは1863年生まれのアメリカ出身の企業家です。自動車メーカーであるフォード・モーター創設者としても知られています。また、大量生産の仕組みをいち早く導入し、自動車業界に様々な革新をもたらしました。

 

フォードは1879年にデトロイトで機械工として働き始めました。1891年にエジソン照明会社に入社し、2年後の93年にはチーフエンジニアに昇進しています。1896年にはエジソンへ自動車に対する夢を語り、同年には4輪自動車の自作を実現させました。その後フォードは起業し、自動車業界へと身を投じていくことになります。そして彼は「やる前から諦めてはいけない」、を始めとする名言を残し、1947年にこの世を去りました。

 

 

スポンサーリンク

 

ヘンリー・フォードの言葉

 

 

『財産は来るもので、作るものではない。』

 

カテゴリー:お金/資産

メルセデスベンツの生みの親、カール・ベンツが『自動車の産みの親』であれば、ヘンリー・フォードは『自動車の育ての親』と言われている。

>>続きを見る

 

『自分にはできると考えても、自分にはできないと考えても、どちらも正しいのです。』

 

カテゴリー:自己/精神

イギリスの小説家、D・H・ローレンスの内省記事、 『子どもを父や母に結びつけていた絆は、決して切れることはないけれども、それはゆるむのである。』 では、

>>続きを見る

 

『不潔な工場に善良な職工なし。』

 

カテゴリー:仕事/経営

そもそも不潔な状態で平然と出来ている時点で一流ではない。不潔な状態ということは、目に見えない雑菌がいるだけではなく、目に見えない『リスク』というものを『飼う』ことと等しい。

>>続きを見る

 

『もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人事を尽くして天命を待つ』。やれるだけやって、『もう後はやれない』というところまで突き詰めたのなら、後はどーんと待っているのが良い。

>>続きを見る

 

『世の中に成功の秘訣なるものがあるとすれば、それはよく他人の心の中に入り、他人の立場から物事を扱うことができる才能にほかならない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『成功』という言葉自体が私は間違っていると判断している。それについては、ゴア王国の貴族と娘『ねぇお父様…ゴミ山の人達は どうして人間じゃないの?』 この記事を見ればすべてがわかるだろう。

>>続きを見る

 

『努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。』

 

カテゴリー:成功/幸福

安田財閥の祖、安田善次郎は、『人生は一歩一歩順を追って前進す。』と言った。そして、アメリカ合衆国建国の父、ベンジャミン・フランクリン、

>>続きを見る

 

『お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。』

 

カテゴリー:お金/資産

"企業とは、『利』を追求することが目的である。利益なくして、企業の運営は成り立たない。それは絶対原則だ。

>>続きを見る

 

『市場が良い商品で飽和することはないが、すぐに悪い商品で飽和する。』

 

カテゴリー:仕事/経営

流行り廃りがある市場と、無い市場がある。それは間違いなく『流行り頼み』にしているかいないかの差。つまり、実質が伴っているかどうかがカギである。

>>続きを見る

 

『慌てると何一ついいことがない。一直線に目標だけを見なさい。障害が目に入らないように。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ヘンリー・フォードはこうも言った。『努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。』

>>続きを見る

 

『結果がわかっていなくても前進することだ。やってる間に結果もでよう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

逆に、結果が分かっている道を歩いて、何が面白いのだろうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP