『ヒト』を最適化しよう。

新渡戸稲造『真の勇気とは、猪突猛進ではなく、しっかりと立ち上がり周囲を見回して、いま成すべきことを見つけ出すことができるかである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

勇気と無謀は違う。例えば、綱渡りをする時、その命の危険を理解した上で、やらねばならない理由から逃げず、立ち向かい、挑戦することは『勇気』がいる。しかし、それも何も理由も全部から目を逸らし、物理的にもつじつまの合わない、『綱を全速力で走る』ことを決断する行為は、単なる『無謀』である。

 

 

理性を失い、恐怖心から目を逸らし、『リスクなどない』として隠蔽することは、『勇気』ある決断ではない。例えば、釘が無数に飛び出た柱に向かって、思いっきりスネで蹴りを入れてしまえば、スネの骨は砕け、釘が刺さって流血し、下手したら足を失ってしまうこともある。それをやることに、何の意味があったのか。それをしない為に働いた、自分の危機回避本能をなぜ無視したのか。

 

そこまで考えると、『無意味な事に挑戦するのが、無謀』であり、『有意義な事に挑戦するのに必要なのが、勇気』という図式が理解できるようになる。

 

フランスの哲学者、パスカルは言った。

 

自分にとっての『有意義なこと(やるべきこと)』とは何か。机に向かってじっくりと自分と向き合い、それを内省する必要がある。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧