『ヒト』を最適化しよう。

新渡戸稲造『我々の親にも子にも友人にも欠点があれば、我々の憎み嫌う人にも特長がある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

そもそも、『憎み嫌う』理由は何だろうか。相手の何を見てそう思ったのだろうか。相手の出生から、人格が形成される家庭を映画か何かにまとめて見た時、そこには相手への共感はないだろうか。感情移入や、理解はないだろうか。

 

例えば数字で考えた時、生まれたときが『0』。それから時間が経つごとに、『1,2,3,4,5、』と進んでいくとする。そうしたとき、『憎い、嫌いだ』と思ったその時の相手の数字が『52』だとする。その『52』辺りを見て、『憎い、嫌いだ』と思ってしまったわけである。

 

だが、『0』はどうだろうか。相手の『0』の時を想像したとき、本当に相手が憎いだろうか。

 

 

憎くないなら、問題なのはその人そのものではない。それまでに通った過程であり、強いられた環境だ。それによって汚された色の『澱み』を見ているに過ぎない。

 

虐め、虐待、親の離婚、理不尽、抑圧、病気、家族の死、裏切り、この世には、ありとあらゆる『汚れた色』がある。彼の白い色が汚れに染まり、澱みきったそのときの数字が『52』だったのであり、それ以前の数字のときは、決して憎く、おぞましい存在ではなかった。そんな風に考えた時、『人を憎まず行いを憎む』という言葉の意味が、より鮮明に見えて来るようになるだろう。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧