『後悔したくない方』はこちら

中島敦 『人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

アインシュタインのいう『相対性理論』でわかるのは、

 

『効用の結果もあらゆる事象も体感も、相対的である。』

 

というもの。例えば、ストーブの上に手を置いておくのと、恋人と手を繋いでいるのとでは、過ぎる時間の体感速度が違う。同じ時計の針が刻まれる時間の中にいるというのに、体感速度が違うというのは、不思議な現象である。それがわかれば、中島敦の言葉の意味もわかるだろう。

 

小学校の6年間が妙に長く感じ、大人になるとあっという間に時間が過ぎるように感じるのも、あの頃よりも『やるべきこと(責任)』が圧倒的に増えたからだ。何かと本気で向き合っていると、時が経つのはあっという間に感じる。

 

だが、何からも目を逸らして逃避し、ルソー曰く、『呼吸するだけ』の人生を送ると、この人生はやけに長く感じる。一方向に流れているだけの時間に関する、不思議な部分の説明である。

 

カメラ

 

エマーソンは言った。

 

スティーブン・キングは言った。

 

『人生を使い切る』コツは、あっという間に時間が過ぎると感じる、打ちこめる何かを見つけて、それに打ちこむことである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧