名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーブン・キング『何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血が滲み、目の玉が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。』

スティーブン・キング


アメリカ作家 スティーブン・キング

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『キャリー』、『スタンド・バイミー』、『グリーンマイル』、『ショーシャンクの空に』、『シークレットウィンドウ』。

 

彼の映画に触れていない人は少ないだろう作家部門の長者番付世界一にも輝いたことがある、天才作家のスティーブン・キング彼は売れっ子になっても変わることなく作品を書き続け、必ず毎日執筆しているというのだ。

 

人間、よく『何がやりたいかわからない』と、やりたいことがわからない状態になることがある。だが、子供のころからでもいい。なにかをしているとき、時間を忘れ、周りが見えなくなり、身体に負荷がかかっていることなどどうでもよくなるほど集中することが、なかっただろうか。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    スティーブン・キングの言葉を自分のものにする



    漫画の読書でもいい、テレビゲームでもいい、人と鬼ごっこしたのでもいい、もちろん暗算や歴史の書を読み漁ることやピアノを弾くことでもいい。重要なのは、そのテーマと向き合い、一生を遂げるだけの環境を揃えられるかどうかだ。

     

    偉人と呼ばれる結果を出した人たちも、最初は皆凡人で、人々から揶揄され、閑古鳥が鳴く日々を送っていた。

     

    『もしドラ』でも有名な、ドラッカーの話だ。

     

     

    組織の経営や管理に関する新しい概念を生み出した功績から『経営学の父』と称され、20世紀のおける最も偉大な思想家の一人として数えられるドラッカー。だが、そんなドラッカーの人生にも、貧乏な時代があったというのだ。

     

    27歳頃、定職はなく、女子大の非常勤講師やヨーロッパに対しての経済レポートを提出して細々と暮らしていた。それでも、彼は腐ることなく、将来の目標に向かって執筆活動を行った。

     

    次の言葉が重要である。

     

    『成長には準備が必要である。 いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去り、 他所へ行く。』

     

    つまり、『どうなっても構わない』。

     

    私利私欲の為と言うよりも、自分の魂が叫んだからやった。すぐに外的な報酬で報われなくても、腐らずにやるべきことをやり続けた。それが結果的に、チャンスを生み、周りから評価された。この図式を決して忘れてはならないのだ。

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

    38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

    一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    スティーブン・キング『何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血が滲み、目の玉が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。』


    スポンサードリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『感動した作品の影響で、その文体に染まることは一向にかまわない。』

     

    『言葉は意図を近似的に表示するものでしかない。多くの場合、どう頑張っても文章では全てを尽くせない。』

     

    『言葉はいつもネクタイに紐靴の正装である必要はない。小説の役割は文法の手本を示すことではない。』

     

    『書くもの書くものが全部支持されるということはあり得ない。』

     

    『楽しくなければ何をやっても無駄である。』

     

    『これはいける、という知恵は、ある天気のいい日に何の前触れもなく空から降ってわくものだと思っておけば間違いない。』

     

    『才能は食卓塩よりも安い。才能ある人と成功者の差は、努力の量だ。』

     

    『構想は優れた作家にとって無用の長物であり、無能な作家が真っ先に頼る常套手段である。構想に寄りかかった作品は、いかにも不自然で重ったるい。』

     

    『ウ●コ投げ競争の優勝者は、手がいちばん汚れてない人間だ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP