目次

フォイエルバッハ『人間が宗教の始めであり、人間が宗教の中心点であり、人間が宗教の終わりである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

マルクスは言った。

 

彼らの言葉を滞りなく受け止めることが出来るなら、この問題は一発で解決である。しかし、それがなかなかできないのが人間という生き物である。臨済宗の祖、栄西は言った。

 

意味はこうだ。

『人間の心は広大だ。天空の高さには圧倒されるが、心はその高さをも超えることができる。大地の厚さはとてつもないものだが、心はその厚さをも超えることができる。太陽や月の光は厳かで秀麗だが、心の輝きはその光をも凌駕することが出来る。そして、この宇宙は果てしないものだが、心は宇宙を越えて無限である。』

 

つまり、人間の心は宇宙よりも甚大な規模なのだ。その甚大な規模の心が生み出すものの規模もまた、計り知れないものがある。例えば、ガリレオコペルニクスが『地動説』を説くまでは、キリスト教で信じられていた『天動説』が常識だった。

 

画像

 

しかし真実は、『地動説』に近かったわけで、

 

画像

 

更には、地球も太陽も、宇宙の真ん中ではなかったのだ。しかし、この時代の人間は、『天動説を信じていた(間違った事実を、真実だと勘違いしていた)』のである。そしてそれを否定したガリレオは、キリスト教徒から白い目で見られた。

 

これらの事実を、どう解釈するだろうか。これでもまだ、現在における人間が認識している概念が、全て、真理と等しいものであると断言できるだろうか。出来ないのであれば、フォイエルバッハやマルクスの言葉も、覆されない。もちろん、彼らが正しい意見を言っているかどうかも、断言されない。

 

 

 

 

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

フォイエルバッハの名言・格言一覧