『ヒト』を最適化しよう。

トルストイ『真理は、金と同じく、その大きさによってではなく、どれだけ金ならぬものを洗い流したかによって購われる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

リンカーンがこう言い、

 

短編小説の名手、オー・ヘンリーがこう言い、

 

ローマの哲学者、セネカがこう言い、

 

聖書、知恵の書 第4章にはこうあり、

『生きた年の数で人を計ってはならない。正しかったか、徳があったか、愛があったか、が求められているのだ。』

 

ソクラテスが、

ソクラテス

 

と言ったように、『利益』という『エゴ(私心)』がそこにこびりついているようでは、それは『真理(純金)』ではなく、さしずめ『金メッキ』である。あれの実態は、単なる『上辺だけの装飾』である。『私心』というメッキを剥がしたときに残るもの。それが『真理』だ。そこに残るのが『純金』であれば、そこに真理はあったし、そこに残ったのが『鉄くず』であれば、そこに真理は無かった。

 

『贖う(あがなう)』というのは、代償によって得る、という意味。 つまり、『金じゃないものを洗い流したとき、その洗い流す作業の代償によって、そこに金だけが残る』のは想像にた易いが、同じく、真理において考えるときも、余計な『メッキ』を貼って実態を不透明にしないよう、曇りなき眼でそれを直視することが重要である。『人間本位』では見えない。

 

人間本位

 

『真理は、金と同じく、その大きさによってではなく、どれだけ金ならぬものを洗い流したかによって購われる。』

 

例えば手塚治虫は言った。

 

この発想がまさにそれだ。手塚治虫は、人間本位の発想では真理を見極めることはできないという見識を持っていた。例えば、人間が言う当たり前の意見に、『家族で幸せに暮らしたい』という願望があるが、見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『愛があれば全ては解決する。』

 

この言葉は人間が生きている限り永久に言われ続けるだろう。だが、その人間の幸せのために踏みにじられる命があっていいのか。動物の命は。道路を埋め立てられるときに奪われる昆虫の命は。自分以外の不幸な家族の人生は。何もしなくて本当にいいのか。見て見ぬふりをして自分たちだけが幸せになって本当にいいのか。それで本当に『幸せだ』と思っているのであれば、その幸せのレベルなど大したことはない。

 

現代の経営の神、稲盛和夫は言った。

 

幸せを求めてもいい。だが、人は不正を働き、特権を乱用しても脳内にドーパミンは出る。酒や麻薬や不倫でもそうだ。脳内に幸せを感じる報酬系物質ドーパミンは出る。

 

脳内

 

快楽と幸せは違う。喜ぶ規模が小さくなればなるほど、それは快楽となる。人間が快楽を求めた結果、そのほかの命や真理がおざなりになる。そういうことがあるのであれば、人間はしっぺ返しを食らうだろう。『それが真理』だ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

トルストイの名言・格言一覧