名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『むやみに子供を産めばいいというものではない。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

もし自分に子供がいなくても、”徳”を持っていればよい。

 

”徳”とは、 『精神の修養によってその身に得たすぐれた品性』の意味。 ”人徳”とは、その人が持っている品格という意味だ。

 

悪い人、浅はかな人にどれだけ多くの子孫がいても何にもならない。 ”徳”がないからだ。 ”徳”がない人間を増やしても、喜ばしい結果にはならない。むしろ、秩序と混沌のバランスが、少し混沌に傾いてしまうだろう。

 

人間が絶滅しないために、”徳”ある人々がそれについて均整を取ることに力を吸い取られ、もっと他のやるべきことが疎かになってしまう。

 

子供を、命を、自分の私利私欲のために軽薄に生み出し、その末路について無責任になってはならない。生きた年の数で人を計ってはならない。正しかったか、徳があったか、愛があったか、が求められているのだ。

 

何らかの事情で子孫を遺せない人もいるだろう。だが、気に病む必要は全くないのだ。もし自分がそういう運命にあったのなら、 ”徳”を持ってこの世を生き、”血”ではなく、”知”を遺す生き様を、受け入れるべし。

 

”血”も”知”も同じだ。同じ、かけがえのない資産だ。

 

 

参照:『知恵の書 第4章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

キリスト『むやみに子供を産めばいいというものではない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『目に見えるものだけに囚われてはならない』

 

『生まれたときのことを想像せよ。皆同じ、赤子であった。』

 

『白い色と黒い色がある。さて、その色は本当に合ってるか?』

 

『全世界にそれはある。グレートウォール(マクロ)だろうと素粒子(ミクロ)だろうと関係ない。』

 

『人に自分の不運を見せびらかすな。本当に悔いているなら、一人で苦しめ。』

 

『公明正大ではなく、理不尽な扱いがあった。それは決して許されない。しかし、だからと言ってそれを理由に悪に染まることも許されない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP