『ヒト』を最適化しよう。

アンディ・ウォーホル『美しくない人なんて、僕は出会ったことがない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私は『ある』が、それは『美』に対する意識が甘いからだ。容姿や、欠点を見ているからそうなる。だとしたら、容姿や、欠点から目を逸らせばいいのだ。そうすれば、この世に美しくないものは存在しなくなる。だが、それでも私は人の首を切って、さらし首にしたり、それを子供に持たせたり、あるいはその子供を凌辱する人間を、私は『美しい』と思うことは無い。誰だってそうなはずだ。だとしたら、この言葉は『綺麗ごと』であり、ウォーホルは『偽善者』である。

 

ただし、今のは『常識』の話だ。オーストリアの詩人、リルケは言った。

 

芸術というものは、まずそういった一切の既成概念に囚われないところから始まる。前述したのは、論理的思考だ。それが『左脳』で考えたのであれば、対極の『右脳』を使う。これが芸術家に多い脳の使い方である。

 

 

例えば、ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

 

ここに『美しい』という言葉が出て来た。そしてこの言葉だったら、全ての人が論理的に納得できるだろう。例えば、『花火』だ。あの美しさが際立っているのは、『儚い』からである。人はその価値を判断する時、希少性に左右される傾向がある。ダイヤモンドや、100年に一度、花火や、野に咲く花の命。めったに見られない、儚い、健気、貴重な体験。それが人間の価値判断の尺度に使われている。そこまで考えた時、ウォーホルは決して偽善者ではない。全ての命は、『アウラ』だ。それは、儚いからこそ、尊い価値があるという意味である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧